初心者必見!絶対に失敗しないカメラ転売の始め方を大公開!

カメラ転売を始めたい!

でも、一体何から準備すればいいのだろう。最初から失敗して挫折はしたくないし・・・。って思いますよね?安心してください。今回はカメラ転売はもちろん、副業自体やったことが無い初心者の方を対象にした絶対失敗しないカメラ転売の始め方を公開します。

もう、有料級の情報盛り沢山でお伝えしますので、是非、この記事をきっかけにカメラ転売を始めていただけたら嬉しいです。それでは、まずは基本的なところからいきましょう。

 

1.パソコンとインターネット環境を用意する

 

今の時代はパソコンが無くてもスマホがあればいいのでは?と思う方もいるかもしれません。確かに、私もスマホでリサーチなど行いますが、それでも、パソコンの大画面の方がより早く、よりミスが無い作業を行うことができます。

個人的には処理能力が高く画面の大きいデスクトップPCがオススメです。推奨するブラウザー(検索するソフト)は以下になります。どれも今後利用するヤフオク推奨ブラウザーです。

どれか一つを選択すれば大丈夫です。私は使いやすく機能的なWindows+Google Chrome(最新版)がオススメですね。

■Windows
・Internet Explorer 11.x
・Microsoft Edge
・Google Chrome(最新版)
・Mozilla Firefox(最新版)

■Macintosh
・Safari 5.0以降(Mac OS X 10.6以降)

私が推奨するカメラ転売では、ヤフオクを利用します。そのヤフオク(Yahoo! JAPAN)を快適に使うために、上記ブラウザー何れかの利用を推奨します。ということで、パソコンを持っていない方は必ず購入して推奨ブラウザ―をセットしましょう。

 

2.スマホを用意する

 

あれ?さっきパソコンがあればいいと言っていたのでは・・・。と思うかもしれませんが、自宅でパソコンを触れる時間は限られていますよね?なので、スマホも必須アイテムです。

特に副業で取り組むサラリーマンやOLは必須アイテムです。私も副業サラリーマンなので、普段は会社にいますし、休日は子供と公園にいます。(家族サービスってやつです。)

 

 

自宅にいなくても、スマホがあれば、会社のお昼休みなどのスキマ時間にリサーチなどを行うことができるので、効率良くビジネスを進められます。

スマホの種類はiPhoneでもAndroidでも問題ありません。文字入力しやすくネットスピードが速いと感じられるものなら何でもOKです。ただし、今後利用するヤフオクの以下推奨バージョンであることだけは確認しましょう。

ヤフオク推奨バージョン
iphone(バージョン:iOS 5.0以降)
Android(バージョン:2.3および4.0以降)

 

3.仕入れ資金を用意する

 

カメラ転売は物販ですので、先に商品を安く仕入れてそれを高く売ることで利益を出します。ですので、どうしても商品の仕入れ資金が必要になります。

「じゃあ、いくら必要なの?」って聞かれそうなのでお伝えしますが、最初は現金5万円は必要です。ただ、出来れば50万円ほど用意したいところですね。

「いやー、今は資金無いんですよー。。」という方も大丈夫です。資金が無くてもある方法で資金は作ることができます。こちらの記事を参考にしてください。

記事編集中

 

4.クレジットカードを用意する

ビジネスする上では資金を持たなくてはいけませんが、商品を仕入れる際、現金で支払う必要はありません。と言いますか、絶対クレジットカードで支払ってください。その理由は、クレジットカードで仕入れれば、ポイントが山ほど貯まるからです。

因みに、私は毎月200万円ほど商品を仕入れています。ポイント率1%のクレジットカードで購入しているので、200万円の1%=2万ポイント(2万円分)を毎月貰っています。年間だとなんと24万ポイント(24万円分)GETです。

これって凄いことですよね。商品を仕入れるだけで稼いでいるのと同じなんですから。私はクレジットカードのポイントを利用して毎年家族と海外旅行に出かけています。もちろん、移動費はタダです。(アジア圏なので。)

「え?マジで!?」って思いますよね。クレジットカードに貯まったポイントをANAマイルに交換できるので、0円で海外旅行を楽しめちゃうんです!

 

 

これはバリ島でスキューバダイビングをした時の写真です!

 

商品の仕入れでクレジットカードのポイントを貯めて、その商品を売って利益も出せれば、一石二鳥ですよね。だから、物販(カメラ転売)は辞められません。

「でも、クレジットカードって沢山ある。どれを使えば一番お得なんだろう?」

って思いますよね。私はクレジットカードを7枚持っていますが、その中でも最強のクレジットカードがあります。と言いますか、そのクレジットカード1枚で十分です。(7枚もあると管理が大変なのでオススメしません。)

こちらの記事で最強のクレジットカードを紹介しますので参考にして下さい。

記事編集中

 

 

5.カメラ転売の必須サイトに登録する

 

私が推奨しているカメラ転売はインターネットを活用して仕入れから販売まで行います。それらを行うために必要になるインターネットサイトを紹介します。色々なサイトがありますが、まずは以下サイトに登録すればOKです。

 

① ヤフオク

 

ヤフオクとはヤフーオークションの略になりますが、その名の通り、オークション形式で商品が出品されています。(フリマ形式(定額)の出品も出来ます。)

ヤフオクでは、素人の出品者が多いため、商品を安く仕入れられることと、集客力が高い老舗サイトなので、しっかりと出品すれば高値で販売できるところが大きなメリットになります。

まさに商品の仕入れと販売のどちらにも対応できる便利サイトです。必ず登録しましょう。

こちらから確認できます。
⇒ ヤフオクを見る!

 

ヤフオクの登録方法はこちらを参考にしてください。

記事編集中

 

 

② オークファン

 

 

オークファンはリサーチツールになります。ヤフオクで何が、いつ、いくらで売れたのか過去の取引実績(相場)を調べることが出来ます。(ヤフオク以外のサイトのリサーチも可能です。)

ヤフオクでも過去120日までの相場確認はできますが、それ以上はリサーチできません。でも、このオークファンを使えば、最大で過去10年間までの相場履歴を調べられます。何がどれくらいの価格で売れるのか十分な情報を得られるので、仕入れで失敗するリスクが一気に減ります。

因みに、オークファンでは無料会員とプレミアム会員(有料)がありますが、相場確認期間が最も長くリサーチ限度回数も多いプレミアム会員をオススメします。

こちらから確認できます。
⇒ オークファンを見る!

 

オークファンの登録方法はこちらを参考にしてください。

記事編集中

 

③ モッピー

 

モッピーはパソコンやスマホを利用して無料で簡単にポイントが貯まるお小遣いサイトです。モッピーを経由してネットショップやオークションで買い物をするだけでポイントが貯まります。(もちろん、ヤフオクにも対応しています。)

ちょっとイメージしにくいですかね。。クレジットカードで買い物をしたらポイントが貯まりますよね。それと同じ感覚です。例えば、モッピーを経由してヤフオクに行き、そこで仕入れをすれば、モッピーからポイントが貰えます。

更に、その商品をクレジットカードで支払えば、クレジットカードのポイントも貯まるので、ダブルポイントになりますよね。因みに、モッピーで貯めたポイントは、現金やギフト券などに交換することができちゃいます。これは登録しないと損なので必ず登録しましょう。

モッピーの登録や具体的な使い方についてはこちらから確認できます。
⇒ ヤフオク仕入れだけでお金が貯まる最強のポイントサイト

 

④ フォトアップ

フォトアップは出品ページに沢山の写真画像を掲載するためのツールになります。

ヤフオクでは商品を紹介するための画像は3枚しか掲載できません。これだけでは商品の良さを十分に伝えられません。そこで、このフォトアップを使えば、ヤフオクの商品説明文に最大7枚の画像を追加で掲載することが出来ます。

そうするこで、商品を高値で販売出来るようになります。HTML作成といった難しい作業は一切ありません。専門知識や無駄な労力を使わず、簡単に画像を掲載できるので本当にオススメです。

こちらから登録できます。
⇒ フォトアップを見る!

 

⑤ ショット数.COM

ショット数.COMは一眼レフカメラのショット数をチェックできるサイトです。「ショット数を知って何か意味があるの?」って思う方もいるかもしれませんが、このショット数を知っているかどうかで商品の価格が変わってきます。

カメラはショット数=寿命と位置付けています。例えば、ニコンのD90という一眼レフカメラは10万ショットが寿命の目安となります。なので、中古の一眼レフカメラを探している人は、ショット数は何回なのか?そこを知りたがっているんです。

そこで、このサイトを利用してショット数を確認しそれを商品ページに記載するだけで信頼されますし、ショット数が少なければ、高値で売ることが出来ます。

購入者の立場になれば分かると思いますが、ショット数(寿命)が分からないのに、高価なカメラは恐くて買えないですよね。

そうなっては損なので、一眼レフカメラを仕入れたら、ショット数は必ず確認し商品ページに記載するようにしましょう。

こちらから確認できます。
⇒ ショット数.COMを見る!

 

⑥ Youtube   

 

こちらはご存知の方が多いと思いますが、YouTubeは動画を投稿したり閲覧できるサイトです。

YouTubeはブログなどの文字と違って動画で確認ができるので、とても理解しやすいです。例えば、フィルムカメラを仕入れても、どうやって検品すればいいのか分からないですよね。誰かのブログ記事を見ても今いち分からない。そんな時は、YouTubeでキーワード検索をしましょう。

そうすれば、検品動画が山ほど出てきます。検品方法を動画で見れば、触ったことの無いフィルムカメラの検品も簡単に出来るようになります。だからこそ、YouTubeは徹底して活用しましょう。

こちらから確認できます。
⇒ YouTubeを見る!

 

⑦ ゆうびんポータル   

ゆうびんポータルは郵便局によるWeb集荷サービスになります。カメラ転売をしっかり進めて行くと、沢山のカメラを販売することになります。商品が売れたらお客様に発送しなくてはいけませんよね。

その際、宅配業者に商品を持ち込むか、自宅まで集荷に来てもらうかの二択になります。ケースバイケースですが、基本は自宅にいながら発送が出来る集荷を選びましょう。

ただ、集荷依頼をする際、郵便局に電話し、自宅の住所、氏名、電話番号を毎回伝える必要があります。これはこれで面倒ですよね。

でも、大丈夫です。このゆうびんポータルを使えば、そのような無駄な時間がかかりません。自宅の住所、氏名、電話番号をWeb上に一度登録してしまえば、後はこの情報を元に簡単に集荷依頼が出来るようになります。

商品が売れたら、ゆうびんポータルにログインし、いつ集荷に来てほしいか日付と時間を選択し、ボタンをポチッと押せば、その指示通りに郵便局のスタッフが集荷に来てくれます。郵便局の宅配サービスであるゆうパックを多用する方は、ゆうびんポータルを活用することをオススメします。

こちらから確認できます。
⇒ ゆうびんポータルを見る!

 

⑧ ヤマトクロネコメンバーズ 

ヤマトクロネコメンバーズはヤマト運輸によるWeb集荷サービスになります。先ほどのゆうびんポータルでいうヤマト版ですね。

こちらもWeb上で簡単に集荷依頼が出来ますので、ヤマト運輸の宅配サービスであるヤマト宅急便を多用する方は、ヤマトクロネコメンバーズを活用することをオススメします。

こちらから確認できます。
⇒ ヤマトクロネコメンバーズを見る!

 

6.カメラ転売に必要な清掃道具を用意する

ヤフオクなどで仕入れた商品は、ホコリが付いていたり、汚れていたりとキレイな状態でないことが多いです。なので、商品を仕入れたら清掃しましょう。

クリーニングしたキレイな商品は価値が高まり、高値で売れるようになります。もちろん、売れた後にクレームが来ることも無くなりますね。ということで、私が愛用している清掃グッズを紹介します。

 

■新品 エアブロアー(ポンプ式) 

金 額:1千円程度  購入先:Amazonなど。    

まずは商品のホコリを取り除くために、エアブロアーを使います。商品にホコリが付いたままクロスなどで拭き取ろうとすると、小さなキズが付く可能性があるからです。ポンプ式のエアブロアーは安価で維持費用もかからないのでオススメです。

⇒ Amazonで見る!

 

 

 

 

■新品 エアダスター(スプレー式) 

金 額:1千円程度  購入先:Amazonなど。    

エアブロアーはポンプ式なので多少の握力が必要ですし、使い続けると手が疲れてきます。握力の弱い女性の方にはスプレー式のエアーダスターをオススメします。

スプレー式は風圧が大きいため、一瞬でホコリが吹き飛びます。スピーディーな清掃にもつながりますね。唯一の欠点は、維持費用です。ガスが無くなると再度購入しなくてはいけないのでお金がかかります。

⇒ Amazonで見る!

 

 

 

■新品 ミューズ ウェットティッシュ

金 額:5百円程度  購入先:Amazonなど。    

ホコリを落とした後は、商品の表面をクリーニングします。ミューズのウェットティッシュはアルコールを十分に含んでいるので、ガンコな汚れでもキレイに拭き取ることができます。一眼レフカメラやレンズのボディをクリーニングするのに最適です。

⇒ Amazonで見る!

 

 

 

 

 

■新品 ファイバークロス

金 額:5百円程度  購入先:Amazonなど。    

ミューズのウェットティッシュを使うと、アルコールで商品が若干しめった感じになります。最終仕上げとして、キメ細かく吸水性の高いファイバークロスを使って乾拭きをすれば完璧です。

⇒ Amazonで見る!

 

 

 

 

■新品 レンズクリーナー

金 額:5百円程度  購入先:Amazonなど。    

レンズ表面や一眼レフカメラのファインダーなどのガラス部分については、ミューズのウェットティッシュではなく、レンズクリーナーを使いましょう。

レンズ表面にレンズクリーナーの液体を1滴垂らして、ティッシュかファイバークロスで円を描くように優しく拭きましょう。そうすることで、レンズにキズをつけずに指紋などの油汚れを落とすことができます。

⇒ Amazonで見る!

 

 

■新品 パウダースプレー(Ag  無香料)

金 額:5百円程度  購入先:Amazonなど。  

え?!夏場によく使うあのスプレーだよね?何でカメラの清掃で使うの?

って思いますよね。実はこれカメラの清掃で使える便利グッズなんです。一眼レフカメラやレンズのボディ表面はゴムで構成されていることが多いです。そのゴムが劣化して、ボディ表面がベトついていることがよくあります。

そんな時は、ミューズのウェットティッシュで商品をクリーニングしてから、こちらのパウダースプレーを商品に吹き付けてください。そうすれば、ボディ表面のベトつきが改善し、サラッとした触り心地になりますので商品価値も高まります。

⇒ Amazonで見る!

 

 

 

7.カメラ転売に必要な撮影機材を用意する

カメラ転売を行う上では、仕入れた商品を撮影する必要があります。商品紹介ページに商品画像が無かったら、お客さんは恐くて購入できないですよね。

「ちょっと待った!撮影は身近にあるiPhoneやデジカメでもいいのでは?」と思うかもしれませんが、それは辞めてください。商品が高値で売れなくなります。

商品価値を高めるために、よりキレイに撮影できる一眼レフカメラで撮影しましょう。因みに、撮影機材は新品である必要はありません。初期投資額を抑えるためにも中古品で揃えるのがベストです。

ということで、私が愛用している撮影機材を紹介します。どれも比較的安い機材なのでオススメです。

 

■中古一眼レフカメラ(Nikon D300) 

金 額:2万円程度  購入先:ヤフオク、カメラのキタムラなど。    

一眼レフカメラの種類は沢山ありますが、D300は機能性が高いのに低価格なのでオススメです。初心者でも非常に扱いやすく、キレイな写真撮影ができます。

⇒ ヤフオクで見る!

 

 

 

 

 

 

■中古レンズ(Nikon AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR) 

金 額:5千円程度  購入先:ヤフオク、カメラのキタムラなど。    

近い距離で商品を撮影するので、18mm-55mmぐらいの距離でOKです。遠くのものを撮影する望遠レンズを購入する必要はありません。こちらのレンズは低価格ですが、手振れ防止機能もあり、初心者でも非常に使いやすくオススメです。

⇒ ヤフオクで見る!

 

 

 

 

 

■中古ストロボ(Nikon SB-26) 

金 額:5千円程度  購入先:ヤフオク、カメラのキタムラなど。    

Nikon D300などの一眼レフカメラ自体にフラッシュ機能が備わっているので、外部ストロボは不要では?と思うかもしれません。でも、外部ストロボは必要です。

外部ストロボを使うことで、沢山の光をレフ板に照射させることができ、より明るくキレイな写真撮影ができるようになります。こちらの商品は低価格ですが、十分な光を照射できるのでオススメです。 

⇒ ヤフオクで見る!

 

 

 

 

 

■新品 撮影ブース(縦横高さ:60cm)  

金 額:5千円程度  購入先:Amazonなど。    

撮影ブースは縦横高さが60cmのものを選びましょう。これより小さいサイズのブースもありますが、それだと小さなレンズ単体ぐらいしか撮れません。一眼レフカメラなどは箱や付属品があります。それらを並べるスペースも考えると、この60cmがベストになります。

⇒ Amazonで見る!

 

※メーカにより多少サイズは変わります。上記サイズ通りでなくても大丈夫です。

 

 

■新品 レフ板(シルバー:80cm)     

金 額:1千円程度  購入先:Amazonなど。  

レフ板も60cmにしないのかな?って思うかもしれませんが、80cmがベストです。レフ板は撮影ブースの天井になります。この時、60cmの撮影ブースに60cm以下のレフ板だと天井が小さくなり、そのまま天井(レフ板)が落ちてしまいます。

また、色は白もありますが、シルバーがベストです。なぜなら、シルバーの方がよりストロボの光を強く反射してくれるので、より明るい写真撮影ができるようになるからです。

⇒ Amazonで見る!

 

 

 

 

※上記メーカや機種である必要はありません。自分の好みのメーカや機種で揃えましょう。

 

8.カメラ転売に必要な梱包グッズを用意する

「撮影終わったー!とりあえず、商品はそのまま置いとこっと!」っていう気持ちになりがちですが、これは辞めてください。そのまま適当に置いてしまうと100%ホコリをかぶりますし、手がすべってジュースを商品にこぼしてしまうかもしれません。そうしたら、また清掃をすることになります。

クリーニングと撮影が終わった直後の商品はとてもキレイな状態です。その最高のコンディションをキープさせるために、商品をこのポリ袋に入れて保管しましょう。

そうすれば、ホコリも汚れもつかないので安心です。もちろん、商品を受け取るお客さんも喜びます。

 

 

■新品 透明ポリ袋 Sサイズ(横15~18cm 縦25~27cm)     

金 額:3百円程度  購入先:Amazon、ダイソーなど。  

「撮影終わったー!とりあえず、商品はそのまま置いとこっと!」っていう気持ちになりがちですが、これは辞めてください。

そのまま適当に置いてしまうと100%ホコリをかぶりますし、手がすべってジュースをこぼし商品を汚してしまうかもしれません。そうしたら、また清掃をすることになります。

クリーニングと撮影が終わった直後の商品はとてもキレイな状態です。その最高のコンディションをキープさせるために、商品はこのポリ袋に入れて保管しましょう。

そうすれば、ホコリも汚れもつかないので安心です。もちろん、商品を受け取るお客さんも喜びます。Sサイズはレンズを入れるのにピッタリです。

⇒ Amazonで見る!

 

※メーカにより多少サイズは変わります。上記サイズ通りでなくても大丈夫です。

 

 

 

■新品 透明ポリ袋 Mサイズ(横23~25cm 縦32~35cm)     

金 額:3百円程度  購入先:Amazon、ダイソーなど。  

Mサイズは一眼レフカメラを入れるのに丁度良いサイズです。Amazonなどのネットショップは少々割高ですが、ダイソーなら100円で手に入ります。

⇒ Amazonで見る!

 

※メーカにより多少サイズは変わります。上記サイズ通りでなくても大丈夫です。

 

 

 

■新品 プチプチ エアキャップ(幅 30cm 全長42m 透明タイプ)     

金 額:1千円程度  購入先:Amazon、ホームセンターなど。  

「商品が売れた!さて何をすればいい?」って思いますよね。まずはポリ袋に入っている商品をプチプチエアキャップで巻いてあげましょう。そうすることで、輸送中に振動や衝撃があってもプチプチが商品を守ってくれます。

このプチプチを使うだけで、お客さんからすると「丁寧な包装じゃないか!素晴らしい出品者だな!」って思ってくれます。そのため、ヤフオクなどの評価も非常に良い評価をもらえる確率が高まります。

サイズは小型で扱いやすい幅30cmのものを選んでください。Amazonだと送料も含まれ割高になるので、時間があればホームセンターに行きましょう。500円ぐらいで手に入ります。

⇒ Amazonで見る!

 

■新品 60サイズ 段ボール箱(縦:16cm 横:23cm 深さ:14cm) 

金 額:50~70円程度/箱  購入先:アースダンボール、ホームセンターなど。  

「よし、箱はスーパーに置いてあるものを使うか!無料だし!」って思う気持ちは分かりますが、ここは新品の段ボール箱を用意しましょう。

いくら中身(商品)がキレイでも野菜を入れていたような箱や、ボロボロの汚い箱が家に届いたら、相手の気分を害してしまいます。

箱のせいで評価が下がってはもったいないので、多少お金をかけても新品の箱を用意することが大切です。とは言っても、どれくらいの大きさの箱を手に入れたらいいのか分からないですよね?

カメラやレンズは小さい商品が多いため、箱は60サイズ(縦横深さの合計が60cm以下)がベストです。このサイズならレンズはスッポリ入りますし、余分なスキマも少ないため、緩衝材を沢山使うこともありません。もちろん、配送料も安上がりです。

近くのホームセンターに行けば、簡単にこの箱を買えます。また、ネットショップなら他店舗より安いアースダンボールがオススメです。カメラ転売を行う上で、出番が多い箱になりますので、最低でも10箱は購入しましょう。

⇒ アースダンボールで見る!

 

※メーカにより多少サイズは変わります。上記サイズ通りでなくても大丈夫です。

 

 

 

■新品 100サイズ 段ボール箱(縦:30cm 横:37cm 深さ:26cm) 

金 額:90~120円程度/箱  購入先:アースダンボール、ホームセンターなど。

60サイズの箱があれば、ほとんどの商品を入れることができますが、箱付きの一眼レフカメラなどは60サイズの箱には入りきりません。そういう商品のために、100サイズの箱も用意しましょう。

この箱があれば、大きい望遠レンズなども入れることができます。100サイズは60サイズに比べると出番が少ないため、最初はホームセンターで数箱だけ買うことをオススメします。

⇒ アースダンボールで見る!

 

※メーカにより多少サイズは変わります。上記サイズ通りでなくても大丈夫です。

 

 

■新品 紙製緩衝材ロールタイプの詰め紙(54cm×340m、51g/1㎡) 

金 額:2,800円程度  購入先:アースダンボール、ホームセンターなど。

箱の中に商品を入れると、スキマだらけになることがほとんどです。そのまま商品を発送してしまうと、箱の中で商品がゴロゴロ動いたり、衝撃を直に受けて破損する可能性があります。

それを防ぐための緩衝材として、このロールタイプの詰め紙を活用しましょう。緩衝材はプチプチでもOKですが、コストが割高になるのと保管しにくいデメリットがあります。

また、新聞紙でもOKですが、こちらだと生活感が出てしまいます。高級なカメラが新聞紙と一緒に出て来たらちょっと嫌ですよね。。

このロールタイプの詰め紙なら、見た目もシンプルなのでビジネス感が出ますし、何より作業しやすいです。必要な分だけ千切って丸めて箱に詰めるだけなので簡単に作業が終わります。

多少コストが高く見えますが、一回の単価で考えれば安上がりです。アースダンボールかホームセンターで仕入れましょう。

⇒ アースダンボールで見る!

 

 

 

 

■新品 梱包幅広テープ (幅 48mm、重量用、透明タイプ )     

金 額:3百円程度  購入先:Amazonなど。

最後は段ボールを組み立て、底面と表面をテープでとめます。色々なテープがありますが、重量用の幅広テープがオススメです。重量用テープは厚みがあり、しっかりしているので、キレイに貼り付けるのが簡単なんです。

ダイソーなどで100円で買えるテープは薄っぺらいので、すぐにクシャっと折曲がり、テープ同士がくっつきます。おまけに貼り付けた後はテープがしわだらけになり、残念な見た目になります。少し高いですが、一発でキレイに貼れるこちらのテープを活用しましょう。

⇒ Amazonで見る!

 

 

9.まとめ

いかがでしたか?ちょっと情報が多かったかもしれませんね。でも、上から順番に準備していけば、確実にその後の作業が楽になります。

信頼性の高いアイテムを使って商品を清掃したり、梱包すれば、売った後のクレームも来なくなります。何事も準備が成功への秘訣です。今日から行動してカメラ転売で稼いでいきましょう。

 


■ 副業でもカメラ転売で月30万円稼ぐ方法を無料で学びませんか?

副業だから時間がない。でも、早くカメラ転売で結果を出したい。
という方のために、安定して月30万円稼ぐための無料講座があります。

今ならブログでは言えない具体的な仕入れ方法や
儲かる商品リストを
無料で差し上げます。
あなたにとって200%得する内容であることをお約束します。

詳細はこちらからチェックしてください。

カメラ転売で月30万円稼ぐ方法を見る!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ