ヤフオク仕入れだけでお金が貯まる最強のポイントサイト

 
ヤフオク仕入れだけでお金がザクザク貯まる
ポイントサイトを紹介します。
そのサイトは「モッピー」です。
 
カメラ転売初心者がすぐに大きな利益を出すことは難しいです。
でも、モッピーを活用すれば、商品を仕入れるだけで、
商品を売るだけで、利益を手堅く積み重ねることができます。
 
この記事を読むことで、他ポイントサイトと比べて、
なぜモッピーが良いのか、このサイトを活用することで
どのようなメリットが得られるのか分かります。 
 
最強のポイントサイト「モッピー」↓↓↓

まず、このサイトの説明をしますね。
モッピーはネットショップやオークションなど
色々なサイトと提携するポイントサイトです。

そして、モッピーを経由してネットショップやオークションで
買い物をするだけでポイントが貯まります。

クレジットカードで買い物したら
ポイントが貯まりますよね。

それと同じ感覚です。

そして、その貯めたポイントを現金や
ギフト券などに交換することができちゃいます。

ヤフオクで商品が落札されるだけでポイントGET!

ヤフオクで商品を入札し落札されたら、
その落札金額の1%分のポイントをGETできます。

あなたがやることは、

①モッピーの無料会員になる
②モッピーに行く
③そこからヤフオクに行く(上のショップへGOをクリック)
④商品を入札する
⑤商品が落札される

これだけです。
 
因みに、落札から180日経過後も
取引が終了していない場合は成果対象外となります。
 
例えば、落札した後に出品者がキャンセルしたら
そのポイントは無効になると言うことですね。
 
「ポイントって言うけど、何かチマチマしていて
カッコ悪いよね。」
 
って人もいますが、あなどってはいけませんよ。
 
10万円の商品なら、1000ポイントGETです。

ポイントを現金に交換するレートは、1ポイント=1円です。

1000ポイント貯めたら、1000円貯金したのと同じです。

私は10万円ぐらいの商品を毎月30個ほど
落札しているので、毎月300万円の落札金額になります。

この場合、落札するだけで毎月3万円の獲得ですよ。

1年で考えれば、なんと36万円です。

モッピーのポイントだけで
家族で海外旅行に行けちゃいますね。

モッピーで貯めたポイントを現金に換える手順は
こちらから確認できます。
⇒ ヤフオク×モッピーで貯めたポイントを現金に交換する方法

もし、モッピーを使わないで
ヤフオク仕入れを続けていたら
実に36万円のお金をドブに捨てたのと同然です。 

因みに、他ポイントサイトのバリューポイントクラブにも
同じポイントプログラムがありますが、
落札金額の0.8%分しかポイントがもらえません。

モッピーは1%なので、0.2%お得ですね。

 

 

 

ヤフオクで出品した商品が落札されてもポイントGET!


実はヤフオクで商品を出品し落札されるだけでも
ポイントが貯まります。
 
しかも、出品の場合は、落札金額の2%分のポイントです。
 
あなたがやることは、

①モッピーの無料会員になる
②モッピーに行く
③そこからヤフオクに行く(上のショップへGOをクリック)
④商品を出品する
⑤商品が落札される
 
簡単ですよね。
 
いつものように出品して落札されるだけで
落札金額の2%のポイントが貯まるのはかなりお得です。
 
他のポイントサイト「ハピタス」の場合は、
1%しか貯まりません。
 
モッピーならハピタスの2倍のポイントが貯まるので
とても効率良いです。
 
 
 

ヤフオク出品・落札でポイントが貯まらない条件

ただ、気を付けなくてはいけないことがあります。
ヤフオクで出品⇒落札⇒ポイントGETの場合、
成果対象外という項目があります。
因みに、他ポイントサイトでも同じような条件になります。
 
1.自己落札
当たり前ですが、自分で出品した商品を自分で落札する
自己落札は対象外です。
すぐにばれますのでやめましょう。
 
 
2.落札不成立
落札後に何かしらの理由でキャンセルとなった場合も対象外です。
残念ですが、落札者の勝手な都合でキャンセルになっても
ポイントはGETできません。
 
 
3.ヤフオクストアによる出品
ヤフオクストアとして出品している場合は、全て対象外です。
ただ、ほとんどの人がストアとして出品せず、
個人出品ですよね。
なので、ここはあまり気にしなくていいです。
 
 
4.特定カテゴリへの出品
 以下カテゴリの商品は対象外です。
 カメラは問題無いので安心してください。
 
・特定カテゴリへの出品商品の場合
  -自動車、オートバイ > 自動車車体
  -自動車、オートバイ > トラック、ダンプ、建設機械 > 車体
  -自動車、オートバイ > バス > 車体
  -自動車、オートバイ > オートバイ > オートバイ車体
  -スポーツ、レジャー > 船、ボート > 船体
  不動産カテゴリ
  その他カテゴリ
  官公庁出品商品
  チャリティーカテゴリ
 
※モッピーより抜粋
 
まあ、ポイントを与える側としては、
あまりに金額が高いカテゴリは嫌なのでしょう。
 
 
5.新規出品者以外

ここが重要で新規出品者しかポイントが貯まりません。

<新規出品者とは>
・過去1年間以内に出品履歴がない出品者を示す
・新規出品者による初出品があった月を初月とし、 翌々月末までを新規報酬適用期間とする
 
※モッピーより抜粋
 
つまり、同じアカウントでずーっとポイントを
貯め続けることは出来ないということです。
ここは痛いところですね。
 
 
6.毎月5件まで対象
 新規出品者なら何件でも対象になるかといったら
それは違います。
 
・新規報酬適用期間中に新規出品者が出品し、  かつその商品が落札された場合、1出品者あたり月に5件までの注文を報酬対象とする
  (該当注文が6件以上の場合、落札金額が高い順に上から5件を報酬対象とする)
 
※モッピーより抜粋
 
つまり、月に5件の商品までです。
 
なので、ヤフオクで出品⇒落札⇒ポイントGETの場合、
ヤフオクでアカウントを作ったら、
ロケットスタートでポイントを貯めまくる
という認識でやりましょう。
 
 
 
まとめ
ヤフオク販売(出品⇒落札⇒ポイントGET)は制約が多いですが、
ヤフオク仕入れ(入札⇒落札⇒ポイントGET)は制約が少なく
いくらでもポイントが貯まります。
 
この最強ポイントサイト「モッピー」を活用して
カメラ転売の利益にプラスして副収入を獲得しましょう。 
 
そのモッピーはこちらから登録できます。↓↓↓
 
 モッピー!お金がたまるポイントサイト
 
この記事は2016年5月14日時点で
モッピーのHPに記載されている情報を元に
書いています。
 
今後、ポイントや条件が変わる場合もありますので
最新情報はモッピーでご確認ください。 
 
ポイントを貯めることは大事ですが、一番重要なのは「安く仕入れて利益を出す」ということですよね。
 
今回の記事ではポイントサイトの紹介だけでしたので、「安く仕入れるための具体的なテクニック」については触れていませんでした。
目から鱗の仕入れテクニックについては以下の無料メルマガ講座でお届けします。

 

その証拠に私は中古カメラに特化した転売で、毎月100万円の売上・20万円の利益を副業でもコンスタントに稼いでいます。

 

直近3ヶ月のヤフオク売上金額

 

私が得た知識をメルマガ講座(現時点では無料)で配信しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

具体的には

  • 1通目:「中古カメラ」を仕入れないと失敗する4つの理由
  • 2通目:1つの商品を売って1万円の利益をたたき出す仕入れテクニック

をお伝えします。

 

無料教材(PDF)の一部

 

他のメルマガではなかなか出てこないノウハウだと思いますので、ぜひ活用してもらえたらと思います!

 

実際に7人のメルマガ読者さんからこの講座を学んだことがきっかけで「相場より安く仕入れて高く売れるようになりました!」という嬉しい報告を受けています。

 

彼らの収入が上がったことはもちろんですが「どんな人がトシと関わってどう変わったのか?」こちらから確認できます。

→ 成果報告を確認する!

 

メルマガ登録された方にはもれなく

  • 未経験からカメラ転売を始めるためのスタートアップ・マニュアル
  • 30個売って24万円の利益が出た儲かる商品リスト

も期間限定で無料プレゼントします。

 

儲かる商品リスト動画解説の一部

 

コンテンツの一部は有料教材にするので、無料のうちに手に入れてくださいね。

それでは、メルマガ講座でお会いできることを楽しみにしています^^

 

カメラ転売で月10万円稼ぐためのメルマガ講座(プレゼント付)!


登録は簡単です。

以下フォームに普段お使いのメールアドレスを入力し、確認ボタンを押せば、1秒後にメルマガ講座&無料プレゼントが届きます。


在宅・副業でも月10万円稼げるカメラ転売無料講座

 


※メールの登録・解除ともに無料です。
※メールが不要だと感じたら届いたメール本文の最下部よりいつでも解除ができます。
※メール配信スタンドは、マイスピーという迷惑メールが一切届かない会社のものを使用しています。

 マイスピー公式サイト https://myasp.jp/
 ご入力頂いたあなたの大切な個人情報は、SSL技術でデータを暗号化されるので、  
 第三者に情報を盗み取られる心配は一切ありません。

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ