【中古転売】ヤフオクから違反申告を受けやすい事例4選とその対処法を解説!

中古品の転売ビジネスをしたらヤフオクから違反申告を受けた。

 

何も悪いことをした記憶が無いから理由が分からないし、ヤフオクの規定を見ても小難しくて見る気が失せる。

 

って思ったことありませんか?

 

安心してください。私は中古転売ビジネスをしていますが、数多くの違反申告を受けてはそれを乗り越えてきました。

 

今回は中古転売ビジネスをされている方がヤフオクで違反申告を受けやすい事例4選とその対処法を分かりやすく紹介します。

 

記事の最後にあなたに役立つプレゼントがありますので楽しみにしてください^^

 

違反その1.ヤフオク以外のサイトにも同時出品する

ヤフオクの定額(フリマ)出品で販売する場合は、希望価格で売れるまでに時間がかかりますよね。

 

早く売りたいという気持ちが強い人ほどこちらのルールに違反しがちです。

 

ヤフオクの違反事項

同じ商品を、他社のサービスやその他の方法によって、二重に出品すること

 

これはヤフオク以外の

 

  • アマゾン
  • ヤフーショッピング
  • メルカリ
  • ebay
  • ジモティ

 

などのサイトでも同時に出品する行為です。

 

高い価格で売って稼ぎたい!でも早く売りたい!

 

じゃあ、色々なサイトに出せばええやん!

 

っていう発想はいいのですが、実行に移してしまうとルール違反になりますので注意してください。

 

 

それにしても、何でバレるのだろう?って思いますよね。

 

恐らくですが、出品文章にボロが出ている可能性が大きいです。

 

自分がやってしまったパターンとしては、「こちらの商品はアマゾンにも出品しています。もしそちらが売れたら早期終了になりますので無くなる前にご決断ください」という感じで入札者を煽り立てる文章を入れていましたね。

 

もちろん、質問の受け答えも注意が必要です。

 

質問者

こちらの商品を3万円で即決しますので早期終了してくれないですか?

 

あなた

こちらは他サイトにも出していますので早期終了は受付けていません。

 

これを見れば二重出品しているのはバレバレです。

 

でも、ついついこのルールを忘れて言ってしまうので注意しましょう。

 

違反その2.誤ったカテゴリで出品する

ヤフオクの違反事項

商品等と適合しないカテゴリに出品すること

 

商品と適合しないカテゴリとは、つまりカテゴリを間違えて出品することですね。

 

例えば、

 

  • 部品やアクセサリーを本体のカテゴリで出品する
  • 固有のブランドのカテゴリに○○風という商品を出品する

 

などが挙げられます。

 

悪意はなくても急いで出品している時にやりがちです。

 

やべ、もう出勤しないと間に合わない!

カテゴリ分からないけど、とりあえずこれにしよう!

 

という感じで雑に出品してそのまま放置してしまうので違反を受けます。

 

違反その3.同じ商品を1日に2オークションID以上で出品する

ヤフオクの違反事項

同じような商品等を1日に2オークションID以上で出品すること(当社が特に認めた場合を除きます )

 

こちらはちょっと難しく感じますよね。

 

まず、同じような商品等というのは、ヤフオク運営サイドから見て同じ商品だと認識されてしまうものです。

 

実際は少し違うものでも第三者から見て「同じ商品」だと認識されてしまうとアウトということですね。

 

それと、2オークションID以上というのは、2つ以上の出品ページを用意してオークションにかけているということです。

 

つまり、

 

  • 同じようなタイトル
  • 同じような本文
  • 同じような写真

 

の商品が複数オークションとして出品されていると違反を受けます。

 

特に初心者がこういう流れでハマりやすいです。

 

  • 一度出品したけど出品内容を見直すと出品文がひどい
  • 修正したいけど一度出品した文章の修正はシステム上できない
  • 一旦、そのオークションを取り消す
  • 修正版を再出品する(タイトルも文章も写真もほぼ同じ)
  • 結果的に1日で同じような商品を2オークションかけている
  • ヤフオクから違反を受ける

 

この流れは私の実体験ですw

 

自分では同じ商品を手直ししただけなのに、第三者から見たら1日で同じような商品を2オークション出品していると見なされます。

 

もし修正したいと思ったら

 

  • 出品をキャンセルする
  • 出品文章を修正する
  • 翌日に再出品する

 

この流れで対応しましょう。

 

これなら1日以内に2オークションID以上の出品にはならないので違反を受けることはありません。

 

違反その4.説明が不十分な「おまけ」をつけること

ヤフオクの違反事項

出品物以外の商品やサービスなどを、内容についての説明が不十分なまま「おまけ」などとして付加すること

 

これはそのままの意味ですが、やりがちですね。

 

例えば、中古カメラのセット品(レンズやらアクセサリーやら)を仕入れると

 

  • この商品は価値が高いからこれをメインで出品しよう
  • 他は価値の無い商品だから捨てようかな
  • でも、もったいないから一緒に出品してみるか
  • 商品型番を調べるのが手間だから「おまけ」にしよう
  • 出品文章には「おまけ」だけ書けばいいや
  • ヤフオクから違反申告を受ける

 

という感じになります。

 

よかれと思って「おまけ」にしたつもりが、まさかの違反申告を受けてしまいます。

 

価値が低いアクセサリー類であっても出品文章にはそれらの商品型番を書くなどしっかり説明するようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は中古転売ビジネスで違反申告を受けやすい4選として

 

  • 違反その1.ヤフオク以外のサイトにも同時出品する
  • 違反その2.誤ったカテゴリで出品する
  • 違反その3.同じ商品を1日に2オークションID以上で出品する
  • 違反その4.説明が不十分な「おまけ」をつけること

 

について紹介しました。

 

自分の中ではクリーンなやり方で作業の効率化を図っているだけなのに実はそれが違反になっていることがあるので気をつけましょう。

 

今回の記事は違反申告の事例と対処に特化したので、それ以外のトラブル対応は分からなかったですよね。

 

私のメルマガ講座では表では話せない他のトラブル対処についても無料でお届けしています。

 

さらに、ヤフオクから違反申告を受けないことはもちろん、お客さんからのクレームも受けずに稼ぐ方法も配信していますので役立ててください。

 

その証拠に私は中古カメラに特化した転売で、毎月100万円の売上・20万円の利益を副業でもコンスタントに稼いでいます。

 

直近3ヶ月のヤフオク売上金額

 

私が得た知識をメルマガ講座(現時点では無料)で配信しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

具体的には

  • 1通目:「中古カメラ」を仕入れないと失敗する4つの理由
  • 2通目:1つの商品を売って1万円の利益をたたき出す仕入れテクニック

をお伝えします。

 

無料教材(PDF)の一部

 

他のメルマガではなかなか出てこないノウハウだと思いますので、ぜひ活用してもらえたらと思います!

 

実際に7人のメルマガ読者さんからこの講座を学んだことがきっかけで「相場より安く仕入れて高く売れるようになりました!」という嬉しい報告を受けています。

 

彼らの収入が上がったことはもちろんですが「どんな人がトシと関わってどう変わったのか?」こちらから確認できます。

→ 成果報告を確認する!

 

メルマガ登録された方にはもれなく

  • 未経験からカメラ転売を始めるためのスタートアップ・マニュアル
  • 30個売って24万円の利益が出た儲かる商品リスト

も期間限定で無料プレゼントします。

 

儲かる商品リスト動画解説の一部

 

コンテンツの一部は有料教材にするので、無料のうちに手に入れてくださいね。

それでは、メルマガ講座でお会いできることを楽しみにしています^^

 

カメラ転売で月10万円稼ぐためのメルマガ講座(プレゼント付)!


登録は簡単です。

以下フォームに普段お使いのメールアドレスを入力し、確認ボタンを押せば、1秒後にメルマガ講座&無料プレゼントが届きます。


在宅・副業でも月10万円稼げるカメラ転売無料講座

 


※メールの登録・解除ともに無料です。
※メールが不要だと感じたら届いたメール本文の最下部よりいつでも解除ができます。
※メール配信スタンドは、マイスピーという迷惑メールが一切届かない会社のものを使用しています。

 マイスピー公式サイト https://myasp.jp/
 ご入力頂いたあなたの大切な個人情報は、SSL技術でデータを暗号化されるので、  
 第三者に情報を盗み取られる心配は一切ありません。

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ