カメラ転売との出会い(後編)

カメラ転売との出会い(後編)になります。

かっこ良いビジネスを選び、ドン底に落ちる

それから、会社以外で稼ぐ方法を模索しました。
株、FX、不動産、アルバイト。

沢山の書籍を読み漁り、実践者に聞き取りしても、
どれもピンと来なかった。

その中で、インターネットビジネスの可能性には魅力を感じました。
自分がやればやるほど稼げて、
工夫すれば自動化もできると感じたからです。

2014年1月に「カッコイイ」と「在庫が無くて安心だから」という安易な理由で、
Amazon輸出(米国、カナダ、欧州)無在庫ビジネスを始めました。

しかし、受注した商品の在庫が無くキャンセルしたり、
輸出先で商品が紛失したり、ツールの価格調整ミスで赤字注文多発など
想像以上に作業量が多く、貴重な時間と資金をいたずらに使っただけ。

それに加え、本業のストレスものしかかり、ドン底の精神状態へ。

俺はこんなに無能な人間だったのか

その後、Amazon国内転売(日本)を実践するも、
同様に失敗を繰り返し、大量の在庫を抱えて大赤字を作ってしまう。

何がインターネットビジネスだよ。家族や友人との時間を犠牲にして、
遊ばないで、稼ぐためだけに時間と費用をかけたのに、
全然稼げないじゃんか。でも、稼いでいる人もいる。俺がダメなだけか。

副業は甘くないという事実と、自分は無能であるということを思い知らされ、
完全に自信を失いました。やっぱり、会社で奴隷生活をしている方が、
無難かもしれない。なんて思うことも。

カメラ転売との出会いが運命を変えた

そんな中、2015年6月にヤフオクのカメラ転売ビジネスを知り、
尊敬できる師匠と切磋琢磨できる仲間に出会う。
最後の賭けだと捉え挑戦することを決めました。

実践すればするほど、他のビジネスと比較し低リスクで最速で稼げる。
そして、長期的に見ても稼ぎ続けられる分野だと確信しました。

本業の激務をこなすため、平均帰宅時間は22時。

時間が無い中、スキマ時間の有効活用と、
サラリーマンならではの独自ノウハウを編み出し、

半年後の2015年12月には、
カメラ転売だけで月収47万円を稼ぐことが出来ました。

31歳で上場企業の部長を超えてやりました

本業の収入34万円と合せれば、合計81万円の月収となり、
課長を飛び越し、いつも偉そうにしている
ムカつくパワハラ部長の月収さえも超えることが出来きました。

その時、自分の心の中で、
その部長を圧倒的に見下せる優越感を得ることができ、
これまでに無い勝利を味わうことができました。

また、副業で得た自信と思考力を本業にも活かすことで、
今では上司に対して堂々と意見を言い放ち、
本業の方でも、これまで以上に成果を出しています。

勿論、思う存分、有給休暇も取得しています。
(結果を出しているので上司には何も言わせない)

自分の収入は自分で決める時代

本業の安定収入+カメラ転売のインセンティブ収入を得るというスタイル。
つまり、「自分の収入は自分で決める」ということ。
その結果、好きな人と、好きな時に、好きなだけ遊ぶことができる。

今では、家族と海外旅行にお金と時間を贅沢に使ったり、
お小遣いを気にせず、趣味のサバイバルゲームで
友人と小学生のようにふざけあっています。

あなたも気づいているように、
昔のように会社に依存して働く時代はもう終わりました。

今はサラリーマンも、主婦も、学生であっても
インターネットを活用して個人が稼ぐ時代。

そして、自ら稼ぐ力を装備し、新しい収入の柱を構築することで、
お金に困らない人生を手に入れることができます。

もちろん、それを実現するためには
地道な努力や根性も必要です。

簡単に楽して稼ぐことはできません。
でも、努力し続ける人なら成功できます。

私はあなたがカメラ転売で新しい収入の柱を
構築する手助けができたら幸いです。

ぜひ、このサイトを活用して
カメラ転売で副収入を手に入れてください。

以下の音声はポッドキャスト仕様にて
2回に分けて収録しています。

私のポッドキャスト番組「副業ラジオ 」
チェックして頂けたら嬉しいです。

音声コンテンツですので、
他作業やネットサーフィンをしながら

お聞きいただけます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ