【カメラ転売】ジャンク品の種類と価格帯を解説!仕入れるべきジャンク品とは?

ヤフオクでジャンク品をリサーチしているけど、出品ページを見ると色々な状態があってよく分からない。

具体的にどんなジャンク品を仕入れたらいいのだろう。

 

って思ったことありませんか?

 

安心してください。

 

どのようなジャンク品を仕入れたらいいのか分かるように、今回はカメラ転売におけるジャンク品の種類と価格帯を分かりやすくお伝えします。

 

この記事を読めば、ジャンク品の種類と価格帯が分かり、狙うべきジャンク品を見つけることができます。

 

記事の最後にあなたに役立つプレゼントがありますので楽しみにしてください^^

 

ジャンク品は市場価格の底辺に位置する

まず、ジャンク品は市場価格において底辺の領域にいます。

 

図解にするとこのような感じですね。

 

 

圧倒的に安く仕入れることができますし、問題ない商品も多いので相場以上の価格で売ることもできます。

 

ジャンク品の種類と価格帯を分解する

ジャンク品は市場価格の底辺に位置するとお伝えしましたが、ジャンク品の種類により価格帯も変わってきます。

 

価格帯を分けると

 

  • 高値
  • 中値
  • 安値

 

この3つになります。

 

AFレンズを例にした図解にするとこうなりますね。

 

【図解】ジャンク品(AFレンズ)の種類と価格帯

 

 

AFレンズのジャンク品はこれだけのバリエーションがあるんです。

上から順番に解説しますね。

 

1.高値のジャンク品

ちょっとしたキズがあるだけの商品や型番不明のものはジャンク品の中でも高値で売れます。

理由は簡単で動作するのにジャンク品と書いてあるだけだからですね。

 

2.中値のジャンク品

次に動作未確認のものやカビ・クモリがあるものは中値で売れます。

動作する可能性があったり、一部訳ありというだけで撮影すること自体は可能な商品が該当します。

 

3.安値のジャンク品

最後は市場価格でもジャンク品価格帯のどちらにおいても底辺で売れる安値の商品です。

これはエラー表示などレンズとしての機能を果たせないような商品が該当しますね。

 

高値・中値の領域にあるジャンク品を狙う

この図解の通り、高値・中値の領域にあるジャンク品を仕入れていきましょう。

 

高値の商品はそもそも何も問題無い可能性が高いですし、中値の商品は一部訳ありではあるけども上手くPRすれば高く売れます。

 

安値の商品は修理など特殊なスキルが無い限りは仕入れても高く売ることは困難です。

 

中値で仕入れた商品を上手くPRするコツとは

一部訳あり商品を上手くPRすることがイメージできない人もいるはずですよね。

これは使う側の立場で考えれば簡単に答えが見えてきます。

 

例えば、レンズのAF不良(オートフォーカスが効かない、ピントが迷うなど)ですが、AF機能を使わない人がいるとしたら・・・。

 

いかがでしょうか?

 

プロレベルの人は意外とマニュアルフォーカス(手でピントを合わせる)だけを好んで使う人がいます。

 

AFレンズはAF機能もあるというだけで、MF(マニュアルフォーカス)で使うこともできますよね。

 

つまり、普段からAF機能を使わない人からしたらAF不良があっても見た目がキレイで安ければ、訳あり商品の方を買いたいと思う人もいるんです。

 

そういう人に向けて出品文章では「AF機能は使えませんが、ピント・ズームリングは操作問題ないのでMFでの写真撮影が可能です」と上手くPRすればいいのです。

 

そうすれば、「あ!MF使えるならこれでいいじゃん!」っていう風になるわけですね。

 

世の中には色々な価値観の人がいる

私は中古カメラを買う時に

 

  • 動くもの
  • キレイなもの
  • 付属品が揃っているもの
  • 多少高くてもいい

 

これらポイントを重視する価値観を持っています。

 

でも、先ほどの例で何となく分かったと思いますが、世の中には

 

  • キズが付いていても気にしない人
  • キレイな商品しか許せない人
  • AF機能にメリットを感じていない人
  • カビ・クモリがあっても撮影できればOKな人
  • 通電不可の商品を分解して研究したい人

 

こんな価値観を持っている人が沢山います。

 

自分の価値観ではありえない感覚の人が世の中には存在するということです。

 

だから、自分の価値観だけで物事を見ないで、色々な価値観があることを認めて全体を俯瞰して考えることが大事ですね。

 

そして、それら価値観の人に最適な提案をすれば高く売れるようになります。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はカメラ転売におけるジャンク品の種類と価格帯を解説しました。

 

高値・中値のジャンク品を狙ってガンガン仕入れていきましょう!

 

ただ、今回の記事ではどうやって安く仕入れるのか?といった具体的な方法までは分からなかったですよね。

 

そういった稼ぐためのキモは私のメルマガ講座から無料でお届けしています。(表では公開していません)

 

実際に7人のメルマガ読者さんやコンサル生からこのメルマガ講座を学んだことがきっかけで「相場より安く仕入れて高く売れるようになりました!」という嬉しい報告を受けています。

 

彼らの収入が上がったことはもちろんですが、具体的にどんな人が長尾と関わってどう変わったのか?

 

という所も含めてこちらの実績者の声を見れば分かります!

→ 成果報告を確認する!

 

今なら無料プレゼントもお渡ししていますので、以下から手に入れてください。

私のメールであなたの収入が少しでもアップしてくれたら嬉しいです。

それでは、メルマガ講座でお会いできることを楽しみにしています^^

 

メルマガ読者さんがカメラ転売で月10万円稼いでいる方法をプレゼント!


副業でカメラ転売を実践している7人のメルマガ読者さん・コンサル生(サラリーマン・主婦)から成果報告のあった初心者でも稼げる方法をメールで段階的に学べる無料講座でお届けしています。

この記事を見ていただいたあなたには、このメルマガ講座に加えて【カメラ転売スタートアップ・マニュアル】や【儲かる商品リスト】などの無料プレゼントもこっそりお渡しします。

登録は簡単です。以下フォームに普段お使いのメールアドレスを入力し、確認ボタンを押せば、1秒後に無料プレゼントが届きます。


在宅・副業でも月10万円稼げるカメラ転売無料講座

 


もっと詳しい情報を知りたい場合はこちらからご確認のうえ
メルマガ講座とプレゼントを無料で手に入れてください。

→ まずは詳細を確認する!


※メールの登録・解除ともに無料です。

※メールが不要だと感じたら届いたメール本文の最下部よりいつでも解除ができます。
※メール配信スタンドは、マイスピーという迷惑メールが一切届かない会社のものを使用しています。  
 ご入力頂いたあなたの大切な個人情報は、SSL技術でデータを暗号化されるので、  
 第三者に情報を盗み取られる心配は一切ありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ