【キヤノン Canon】旧F-1(前期・後期)とNewF-1の見た目の違いと見分け方を解説!

キヤノンのF-1シリーズをリサーチするぞ!

でも、どれも似たような感じなのに価格が違う。

うーん、わからん。見た目の違いがわからん。

 

って思ったことありませんか?

 

安心してください。今回は

  • Canon F-1シリーズの種類とは
  • 一発で分かる!Canon F-1シリーズの見た目の違いと見分け方
  • いくらで売れる?Canon F-1シリーズの相場

について紹介します。

 

この記事を読めば、キヤノンのF-1シリーズの特徴が分かり、仕入れで失敗することが無くなります^^

 

 

キヤノン Canon F-1シリーズとは

キヤノンのフィルムカメラの中でも長年愛されている機種です!

ボディに「F-1」の文字があるのですぐに分かりますね!

 

キヤノン Canon F-1シリーズの種類は?

全部で6機種あります。

  • Canon 旧F-1(前期モデル)
  • Canon 旧F-1 モントリオールオリンピック記念モデル
  • Canon 旧F-1N(F-1改、後期モデル)
  • Canon 旧F-1N OLIVE DRAB(オリーブカラーモデル)
  • Canon New F-1
  • Canon New F-1 ロサンゼルスオリンピック記念モデル

 

一発で分かる!キヤノン Canon F-1シリーズの違いと見分け方

ほんとにパッと見は同じなんですよねー。

でも、よく見ると違いがあるんです。

上から順番に見分け方をお伝えしますね^^

 

キヤノン Canon 旧F-1(前期モデル)の見分け方

まず、正面から見るとセルフタイマーがついています。

でも、これだけでは後期モデルの可能性もあります。

 

 

 

決定的なのはこちらの背面です。

背面にメモホルダーがついてないです。

 

さらに、巻き上げレバーも特徴があります。

赤枠のレバーを見ると、先端が丸みをおびていますね!

これがあればF-1前期モデルです。

 

 

キヤノン Canon 旧F-1 モントリオールオリンピック記念モデルの見分け方

1976年に販売されたモントリオールオリンピック記念モデルです。

これは簡単ですね!

正面の赤枠箇所にMontreal 1976のロゴがあればこのモデルです!

 

 

キヤノン Canon 旧F-1N(F-1改、後期モデル)の見分け方

後期モデルの正式名称はF-1N(F-1改)と呼ばれています。

ただ、みんなは後期モデルとよく言うのでF-1Nだけだと認識されないかもしれませんね。

正面から見てもF-1前期モデルと変わらないのでこれだけじゃ分かりません。

 

 

簡単に見分けられるのは背面ですね!

後期モデルからはメモホルダーがついています。

 

 

巻き上げレバーは前期モデルと違い先端の丸みが無くなって長細くなっています。

先端に向かって途中で傾斜があるのも特徴的ですね。

 

キヤノン Canon 旧F-1N OLIVE DRAB(オリーブカラーモデル)の見分け方

後期モデルのオリーブカラーバージョンです。

個人的にはオリーブカラーというより、ミリタリーカラーって言いたいです。

見分け方は言うまでもないですが、色味が全然違いますよね!

私はサバゲーが趣味なのでこの色はマジで好きです^^

うん、カッコ良すぎる!

 

後期モデルなので、メモホルダーが付いています!

 

キヤノン Canon 旧F-1の前期・後期の見分け方まとめ

おさらいしましょう。ポイントは2つです。

分かりやすく見せるために写真を比較しますね!

 

見分け方その1.メモホルダーがあるかどうか?

左がF-1前期モデル、右がF-1後期モデルです。

メモホルダーがあるか無いかは簡単にわかりますよね!

ただ、裏蓋は付け外しができちゃうのでここだけで判断するのは早いです。

 

見分け方その2.巻き上げレバーの先端は丸みがあるか?

左がF-1前期モデル、右がF-1後期モデルです。

前期モデルは巻き上げレバーの先端が丸みを帯びているのに対して、後期モデルは長細い感じですよね。

ここは付け外しがきかない部分なので確実に見ましょう!

 

 

キヤノン Canon New F-1の見分け方

旧F-1は正面にセルフタイマーがついていましたが、NewF-1にはそれが付いていません。

これこそが決定的な違いと見分け方ですね。

 

 

 

F-1N(後期モデル)と同じくメモホルダーがついていますし、巻き上げレバーの先端も長細いタイプです。

 

 

キヤノン Canon New F-1 ロサンゼルスオリンピック記念モデルの見分け方

1984年に販売されたロサンゼルスオリンピック記念モデルです。

これは簡単ですね!

正面の赤枠箇所にLos Angeles 1984のロゴがあればこのモデルです!

 

 

キヤノン Canon 旧F-1 と New F-1の見分け方まとめ

左が旧F-1、右がNewF-1です。

分かりやすいのは正面のセルフタイマーがついているかないかですね。

もう一つはNewF-1のグリップです。

カメラを持ちやすくするために、グリップ箇所がボコッと凸がありますね。

 

いくらで売れる?キヤノン Canon F-1シリーズの相場は?

私が売り買いした経験を元にF-1シリーズの相場を参考までに記載します。

細かいところはオークファンとかで調べてください^^

 

それと、こちらの相場の条件はこちらです。

販売条件:美品、動作可、付属品なし、ヤフオク定額置き出品

仕入条件:動作可、付属品なし、ヤフオク1円スタート

 

※販売個数は販売金額で売れている月間個数です。

※この情報はあくまでも参考としてとらえてください。

 

それでは順番にいきますね!

 

キヤノン Canon 旧F-1(前期モデル)の相場

販売金額:20,800~23,800円

販売個数:3~4個(月間)

仕入金額:12,000円~

美品なら定額置きで高めで売れますね。

 

キヤノン Canon 旧F-1 モントリオールオリンピック記念モデルの相場

販売金額:50,000~59,800円

販売個数:0~1個(月間)

仕入金額:28,000円~

記念モデルだけあって旧F-1でも高値で売れますね!

 

キヤノン Canon 旧F-1N(F-1改、後期モデル)の相場

販売金額:20,800~23,800円

販売個数:3~4個(月間)

仕入金額:12,000円~

前期と同じぐらいの相場です。

ただ、後期の方はメモホルダーがついてて便利なので多少高値になる可能性があると思います。

 

キヤノン Canon 旧F-1N OLIVE DRAB(オリーブカラーモデル)の相場

販売金額:53,800~59,800円

販売個数:0~1個(月間)

仕入金額:33,000円~

やっぱり人気の色とレアさで高値になりますね。

 

キヤノン Canon New F-1の相場

販売金額:24,800~32,800円

販売個数:2~3個(月間)

仕入金額:18,000円~

やはり旧F-1より機能アップしているだけあって高値で売れますね。

 

キヤノン Canon New F-1 ロサンゼルスオリンピック記念モデルの相場

販売金額:39,800~49,800円

販売個数:0~1個(月間)

仕入金額:30,000円~

このモデルはNewF-1なのに旧F-1のモントリオールオリンピック記念モデルより安価というのが意外ですね。

 

まとめ

いかがでしたか。今回は

  • Canon F-1シリーズの種類とは
  • 一発で分かる!Canon F-1シリーズの見た目の違いと見分け方
  • いくらで売れる?Canon F-1シリーズの相場

を紹介しました。

正しい知識を付けて儲かる商品を見つけていきましょう^^

 

■ 副業でもカメラ転売で月30万円稼ぐ方法を無料で学びませんか?

副業だから時間がない。でも、早くカメラ転売で結果を出したい。
という方のために、安定して月30万円稼ぐための無料講座があります。

今ならブログでは言えない具体的な仕入れ方法や
儲かる商品リストを
無料で差し上げます。
あなたにとって200%得する内容であることをお約束します。

詳細はこちらからチェックしてください。

カメラ転売で月30万円稼ぐ方法を見る!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ