【マニュアルフォーカスレンズ】検品・動作確認の方法を紹介!

>>>You Tubeで見る(スマホならこちらの方が見やすいです)

 

こんにちは、トシです。

 

マニュアルフォーカスレンズを仕入れたけど使い方がわからない…

という感じになっていませんか?

 

それもそのはず。昔のレンズなんて触ったこともないから仕方ありません。

 

でも、実はマニュアルフォーカスレンズは他商品と比べて検品がとてもカンタンなんです。

デジタル製品と違い通電して動作確認する必要がないからです。

 

ということで、今回はマニュアルフォーカスレンズの検品方法についてお伝えします。

記事の最後にカメラ転売で稼ぐためのプレゼントがあります。よかったらチェックしてくださいね^^

 

使う道具はありません

マニュアルフォーカスレンズの検品においては特に道具は必要ありません。

自分の手と目があればできます。

 

外観の確認方法

動作確認の前に、まずは外観をチェックしましょう。

以下ポイントを見ていきます。

 

  • ボディ
  • レンズ
  • 絞り羽根

 

ボディのチェック

ボディを見て

  • すれ
  • 凹み
  • ひび
  • 割れ
  • 塗装はがれ
  • 汚れ
  • ベトツキ

があるかどうか確認します。

 

中古品なので多少の擦り傷は仕方ありません。

でも、深い傷や凹みなどの症状は必ず記録してください。

 

ボディのグリップ(ゴム)のところがベトベトしていることもあります。

目で見るだけではなく手で触って確かめましょう。

 

レンズのチェック

レンズは光学系と呼ばれる部分になりますね。

前と後のレンズ内部を覗いて

  • ホコリ
  • カビ
  • クモリ
  • 汚れ

があるかどうかチェックしましょう。

ホコリは仕方ないですが、それ以外の症状は要注意です。

 

レンズから蛍光灯を見ると内部がよく分かりますね。

ペンライトの方がいいという声もありますが、それだと光が強すぎて目に悪いのであまりおすすめしません。

 

絞り羽根のチェック

レンズ内部には絞り羽根があります。

絞り羽根の表面に

  • 目立つ傷
  • 油浮き
  • 汚れ

がないかチェックします。

特に油が浮いていると開閉がしづらくなり、それが固着すると最悪は動かなくなる恐れもあります。

そういう意味で重要な部分の一つと言えますね。

 

動作確認の方法

ポイントはこちらです。

  • フォーカスリングが回るか
  • 絞り羽根リングが回るか
  • 絞り羽根レバーが動くか

 

フォーカスリングが回るか

オートフォーカスレンズは機械が勝手にピント調整してくれますが、マニュアルフォーカスレンズはフォーカスリングを手で回してピントをあわせます。

だからこそ、フォーカスリングが回るかどうか確認します。

 

ポイントとしては

  • フォーカスリングが回るかどうか
  • 操作感は滑らか or 重いか
  • 指標の位置に∞マーク(無限遠)がピタッと止まるか

を意識してください。

 

フォーカスリングは回っても力を入れないと回らないものもあります。

また、最後まで回転させた時に∞マーク(無限遠)が指標の位置に止まるか確認しましょう。

極稀にですが、指標の位置より手前に止まることもあるからです。

ちなみに、∞マークに近づくほどレンズ前部が引っ込み、∞マークから離れるほどレンズ前部が突っ張ります。

 

絞り羽根リングが回るか

マニュアルフォーカスレンズは外部からの光量(明るさ)を絞り羽根リングで調節させます。

 

ポイントとしては

  • 絞り羽根リングが回るかどうか
  • 絞り羽根リングを回すと絞り羽根も連動するか
  • 操作感は滑らか or 重いか
  • 指標の位置に数字がピタッと止まるか

を意識してください。

 

フォーカスリングとほぼ同じですが、一つ違うのは絞り羽根リングを回すと絞り羽根も連動して動くことです。

絞り羽根リングは動くのに絞り羽根が動かないなんてことがないかチェックしてください。

また、絞り羽根リングにはF値「1.4、2、2.8…16」と呼ばれる数字が書かれていますが、指標の位置に最初と最後の数字がピタッと止まるか確認しましょう。

ちなみに、数字が小さいほど絞り羽根の面積が小さくなり、数字が大きくなるほど絞り羽根の面積が大きくなります。

 

絞り羽根レバーが動くか

マニュアルフォーカスレンズの種類によっては絞り羽根リングに加えて絞り羽根レバーがあるものもあります。

 

ポイントとしては

  • 絞り羽根レバーが動くかどうか
  • 絞り羽根レバーを動かすと絞り羽根も連動するか

を意識してください。

 

事前に絞り羽根リングの数字を最大値にしておかないと、絞り羽根が連動しているかどうかチェックできないので気をつけてください。

 

初心者は撮影テストまでしなくてOK

今回の検品方法だけならカンタンだけど「実際に撮影テストまでしないとまずいんじゃないの?」という声もよくいただきます。

この解決策としては出品文章に「撮影テストはしておりません」と一言そえればOKです。

あとは購入されるお客さんの判断に任せればいいです。

 

ただし、おっしゃる通り

  • フィルムカメラに装着できるか
  • 1mの位置でピントが合うか
  • 撮影された写真の映り具合はどうか

というところまで確認すれば高く売れます。

 

私自身、上記確認をして高値で売っている高級なレンズもあります。

とはいえ、初心者がここまでの検品をするのはハードルが高いですし、あれもこれもやると挫折しやすくなります。

今回の記事にある最低限の検品だけでも十分に売れるので安心してください。

 

まとめ:マニュアルフォーカスレンズは簡単に検品できる

今回の検品ポイントをまとめます。

  • ボディのチェック
  • レンズのチェック
  • 絞り羽根のチェック
  • フォーカスリングが回るか
  • 絞り羽根リングが回るか
  • 絞り羽根レバーが動くか

 

マニュアルフォーカスレンズは通電させて確認する項目がないので、とてもシンプルな検品になります。

 

聞いたことがない用語が出てきて難しく感じたかもしれませんが、やっていることはカンタンな作業なので、ぜひ試してみてくださいね。

 

今回の記事でマニュアルフォーカスレンズの検品方法について分かったと思います。

 

あとはライバルを出し抜いて安く仕入れることができれば稼げるようになります。

 

そこについては、私が配信するメルマガ2通目に1個売って1万円の利益をたたき出す仕入れ術を無料で公開していますので、ぜひ実践してみてください。

 

その証拠に私は中古カメラに特化した転売で、毎月100万円の売上・20万円の利益を副業でもコンスタントに稼いでいます。

 

直近3ヶ月のヤフオク売上金額

 

私が得た知識をメルマガ講座(現時点では無料)で配信しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

具体的には

  • 1通目:「中古カメラ」を仕入れないと失敗する4つの理由
  • 2通目:1つの商品を売って1万円の利益をたたき出す仕入れテクニック

をお伝えします。

 

無料教材(PDF)の一部

 

他のメルマガではなかなか出てこないノウハウだと思いますので、ぜひ活用してもらえたらと思います!

 

実際に7人のメルマガ読者さんからこの講座を学んだことがきっかけで「相場より安く仕入れて高く売れるようになりました!」という嬉しい報告を受けています。

 

彼らの収入が上がったことはもちろんですが「どんな人がトシと関わってどう変わったのか?」こちらから確認できます。

→ 成果報告を確認する!

 

メルマガ登録された方にはもれなく

  • 未経験からカメラ転売を始めるためのスタートアップ・マニュアル
  • 30個売って24万円の利益が出た儲かる商品リスト

も期間限定で無料プレゼントします。

 

儲かる商品リスト動画解説の一部

 

コンテンツの一部は有料教材にするので、無料のうちに手に入れてくださいね。

それでは、メルマガ講座でお会いできることを楽しみにしています^^

 

カメラ転売で月10万円稼ぐためのメルマガ講座(プレゼント付)!


登録は簡単です。

以下フォームに普段お使いのメールアドレスを入力し、確認ボタンを押せば、1秒後にメルマガ講座&無料プレゼントが届きます。


在宅・副業でも月10万円稼げるカメラ転売無料講座

 


※メールの登録・解除ともに無料です。
※メールが不要だと感じたら届いたメール本文の最下部よりいつでも解除ができます。
※メール配信スタンドは、マイスピーという迷惑メールが一切届かない会社のものを使用しています。

 マイスピー公式サイト https://myasp.jp/
 ご入力頂いたあなたの大切な個人情報は、SSL技術でデータを暗号化されるので、  
 第三者に情報を盗み取られる心配は一切ありません。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ