購入者目線になれば転売で高く売る方法が分かる!

こんにちは、トシです。

 

ライバルの出品内容を真似ているのに高く売れない…

ということはありませんか?

 

売る側の視点だけではどうしても高く売れません。

 

でも、購入者の気持ちが分かると思った以上の価格で売れるようになります。

 

今回は「購入者目線になれば転売で高く売る方法が分かる」について紹介します。

 

購入者体験のすすめ

商品を上手く売ることを考える前に、まずは商品を買う側になって購入者体験を増やしていくことをおすすめします。

 

何か商品を買う時に

  • 迷いが出てきたり
  • 安心するフレーズがあったり
  • 買いやすい価格だったり

色々な要素が頭に浮かんでくると思います。

 

何かが決め手になって購入することもあれば、思いとどまることもあります。

 

購入して満足することもあれば、クレームを言いたくなるぐらい不満に感じることもあるでしょう。

 

その購入者体験は財産になります。

メモ帳などに大事に記録しましょう。

この体験で得た情報をベースに魅力的な売り方が分かるようになるからです。

 

せどらーがせどらーから購入した体験談

実際に私が購入体験を経て高く売る方法を学んだ内容をシェアします。

 

私はいわゆる「せどらー」ですが、同業者のせどらーから中古カメラを割高で買いました。

 

 

 

買ったカメラはソニー NEX 7 ボディです。

 

 

ヤフオクなら20000円ほどで買えるところ、アマゾンで29800円で買いました。

 

せどらーとしてはあり得ない行動ですが、今回は転売ではなく純粋に利用する目的で購入しています。

 

私が中古カメラを探していた背景はこちらです。

 

  • 明後日までに修理したレンズのピント合わせがしたい
  • 今持っているソニー NEX  5 ボディの充電ができない
  • 新しいバッテリーを買ったけど原因不明で使えない
  • 本体かバッテリーどちらが壊れているのか分からない
  • 購入したバッテリーを返品するのも新しく買うのも面倒
  • であれば、新しいNEXシリーズを買おう
  • 新しいバージョンなら当面は壊れるリスクも小さいはず
  • とにかく早く手に入れたい

 

つまり、現状のカメラに問題を抱えていたので、新しいカメラを早く手に入れたい状況でした。

 

ヤフオクは安いけどリスクが大きかった

ヤフオクで17000円ほどの商品を発見。

ただ、動作未確認なのでカメラとしての役割を果たせるのか分かりませんでした。

 

転売目的なら強気で買いますが、今回は利用目的なので思いとどまりました。

それに、オークション終了まであと5日もあるので、とても待つことはできませんでしたね。

 

アマゾンのせどらーから割高で購入した理由

私がアマゾンせどらーから購入した商品の出品がこちらです。

 

 

「一ヶ月間の返金」と「高評価100%」の文字に注目しました。

 

 

 

素早く発送してくれそうなイメージです。

古物商許可証の記載もあり信用できる雰囲気がありましたね。

 

 

出品文章

【中古返金保証1か月付き!!】【送料無料!!】【キズアタリのほとんどない新品同様ですが、箱ナシのため「非常に良い」でご提供致します!!】 【専門店による動作確認&クリーニング済みですので、気持ちよくご利用いただけます!】 【商品状態】カビ、クモリなく光学は非常にキレイです。撮影に影響のない極小のチリ程度です。 【付属品】バッテリー、ボディキャップ。充電は携帯用のマイクロUSBで可能です。 【数ある品物の中から●●●の商品をご覧いただきありがとうございます!!弊社の品物はAMAZON倉庫に納品されておりますので品切れはございません。 お急ぎの方は「当日お急ぎ便」「お急ぎ便」「Amazonプライム」「お届け日時指定」をご利用下さい。 年中無休、24時間対応しております。 クレジットの他、コンビニ払い・受取にも対応しております。 ●●●のご利用を心よりお待ちしております!】 【返品について】商品説明と商品が著しく違っていた場合はご連絡くださいますようお願い申し上げます。 【発送について】アマゾン倉庫に納品していない場合は弊社事務所からの発送となり、別途送料がかかります。 梱包は弊社事務所で行っており、資源保護の観点から段ボールや梱包材などをリサイクル使用しておりますのでご理解くださいませ♪

 

この出品文を見て

  • 返金保証一ヶ月つき
  • お届け日時指定
  • マイナスを補う文章

が特に魅力的に感じました。

 

1.返金保証一ヶ月つき

今持っているカメラに問題を抱えていたからこそ、このフレーズにはグラっときましたね。

 

急いでいるのに新しく買ったカメラも故障していた…

なんてことは絶対に避けたいです。

 

でも、この出品者はここまでコミットしているから商品自体に問題がない印象を強く受けましたし、万が一壊れていても金銭的なリスクはないと感じました。

 

2.お届け日時指定

新しいカメラを早く手に入れたかったので「お届け日時」を選べるのはメリットしかありませんでした。

 

ヤフオクだと出品者側で送料算出や支払い確認もあります。

落札された翌日に発送となる可能性は低いです。

 

こちらからお願いしても「明日発送します」といったコミットはなかなかしてくれないでしょう。

 

3.マイナスを補う文章

今回の商品は割高なわりに付属品が充実していないデメリットがありました。

「充電ケーブルがないのか~、別で手配するのは面倒だな」

 

って思いましたが、「スマホのUSBケーブルでOK」という補足があったのでネガティブな要素が消えましたね。

 

ちょっとした一言で購入ボタンをクリックする後押しになりました。

 

購入者はリスクのない買い物をしたい

私が利用目的でカメラを買う時に感じたのは「リスクのない買い物をしたい」ということです。

 

出品者が商品と納期に保証(コミット)してくれたから、他商品より高くても買いたいという欲が強くなり購入しました。

 

こちらとしては高い買い物になったかもしれませんが、これで「期限内にやりたいことができる」という未来を手に入れることができたので満足しています。

 

この購入者体験を経たことで「購入者は購入者が求めることにコミットしてくれる人なら高くても買う」ということが分かりました。

 

つまり、売る側としてはこのコミットを活用することで高く売れるようになりますね。

 

 

まとめ:購入者体験を積めば相手の心を掴む売り方が分かる

買う側の気持ちにフォーカスすれば自然と高く売る方法が見つかります。

ぜひ、購入者体験を積み上げていってください。

 

今回の記事で購入者目線になれば転売で高く売る方法が見つかることについて分かったと思います。

 

あとはライバルを出し抜いて安く仕入れることができれば稼げるようになります。

 

そこについては、私が配信するメルマガ2通目に1個売って1万円の利益をたたき出す仕入れ術を無料で公開していますので、ぜひ実践してみてください。

 

その証拠に私は中古カメラに特化した転売で、毎月100万円の売上・20万円の利益を副業でもコンスタントに稼いでいます。

 

直近3ヶ月のヤフオク売上金額

 

私が得た知識をメルマガ講座(現時点では無料)で配信しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

具体的には

  • 1通目:「中古カメラ」を仕入れないと失敗する4つの理由
  • 2通目:1つの商品を売って1万円の利益をたたき出す仕入れテクニック

をお伝えします。

 

無料教材(PDF)の一部

 

他のメルマガではなかなか出てこないノウハウだと思いますので、ぜひ活用してもらえたらと思います!

 

実際に7人のメルマガ読者さんからこの講座を学んだことがきっかけで「相場より安く仕入れて高く売れるようになりました!」という嬉しい報告を受けています。

 

彼らの収入が上がったことはもちろんですが「どんな人がトシと関わってどう変わったのか?」こちらから確認できます。

→ 成果報告を確認する!

 

メルマガ登録された方にはもれなく

  • 未経験からカメラ転売を始めるためのスタートアップ・マニュアル
  • 30個売って24万円の利益が出た儲かる商品リスト

も期間限定で無料プレゼントします。

 

儲かる商品リスト動画解説の一部

 

コンテンツの一部は有料教材にするので、無料のうちに手に入れてくださいね。

それでは、メルマガ講座でお会いできることを楽しみにしています^^

 

カメラ転売で月10万円稼ぐためのメルマガ講座(プレゼント付)!


登録は簡単です。

以下フォームに普段お使いのメールアドレスを入力し、確認ボタンを押せば、1秒後にメルマガ講座&無料プレゼントが届きます。


在宅・副業でも月10万円稼げるカメラ転売無料講座

 


※メールの登録・解除ともに無料です。
※メールが不要だと感じたら届いたメール本文の最下部よりいつでも解除ができます。
※メール配信スタンドは、マイスピーという迷惑メールが一切届かない会社のものを使用しています。

 マイスピー公式サイト https://myasp.jp/
 ご入力頂いたあなたの大切な個人情報は、SSL技術でデータを暗号化されるので、  
 第三者に情報を盗み取られる心配は一切ありません。

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ