【ブログ】読まずにはいられなくなる「書き出し」の書き方5つのポイント!

こんにちは、トシです。

 

「ブログの書き出しはどうやって書けばいいのかな」

と思ったことはありませんか?

 

私も昔は書き出しの書き方がわからず、適当に書いていました。

 

でも、書き出しが魅力的でないと読者に「この記事は時間をかけてまで読む価値があるのかな」って思われてしまいます。

 

書き出しで相手の興味を引けば、最後まで記事を読み進めてもらえるようになります。

今回の記事では魅力的な書き出しを書くための5つのポイントを紹介します。

 

この記事を読めば、読者があなたの記事を読まずにはいられなくなる書き出しの書き方がわかります。

 

離脱率も下がるので検索エンジン的にも評価されて上位表示される記事に繋げられます。

 

魅力手的な書き出しの書き方5つのポイント

書き出しでは以下ポイントをおさえて書くといいです。

 

  1. タイトルのキーワードを入れる
  2. 相手に問いかけて心をつかむ
  3. 悩みに共感・共有する
  4. あえてネタバレする
  5. 読み終えた後のベネフィットを提示する

 

1.タイトルのキーワードを入れる

書き出し文章にタイトルのキーワードがあると「あ、私の知りたいことが載っているな」と一目でわかります。

 

反対に書き出しにキーワードがないと「あれ、この記事は●●●のやり方を説明してくれるのかな…」と思われて離脱されてしまいます。

 

なので、タイトルで出しているキーワードは必ず使うようにしてください。

 

2.相手に問いかけて心をつかむ

最初に「今回は●●●の紹介をします」という流れの文章では相手に刺さりません。

書き出しの一文目には「相手のシチュエーション+問いかけ」を入れるて読者の心をつかみます。

 

例えば、ヤフオク仕入れができない人に向けた書き出しのNG例とOK例はこうです。

 

NGな書き出し例(一文目)

今回はヤフオク仕入れの方法を紹介します。

 

OKな書き出し例(一文目)

「ヤフオクで2時間もリサーチしたけど一つも仕入れられなかった…」

そんな経験はありませんか?

 

いかがでしょうか。

 

前者はあっさりしていて刺さりませんが、後者は「あ、それそれ!まさに今の俺のことじゃん!」となり読み進めたくなります。

 

キーワードを見れば読者の悩みはわかると思います。

あとは相手のシチュエーションを妄想していけばOKですね。

 

3.悩みに共感・共有する

悩みを打明けた時にどちらの人と話をしたいですか?

  • Aさん:「ふ~ん、そんなことで悩んでいるの?」
  • Bさん:「それな!わかるわ~!俺も同じ悩みがあってさ~」

きっと大多数の人がBさんを選ぶと思います。

 

Bさんはあなたの悩みを共感してくれたので、これからも自分の話を親身に聞いてくれそうですし、解決策もシェアしてくれそうですよね。

 

ブログの書き出しも同じです。

相手の悩みに共感していることを表現すれば、読者は記事の本題を読みたくなります。

 

また事例を使って具体的に説明しますね。

 

NGな書き出し例

「ヤフオクで2時間もリサーチしたけど一つも仕入れられなかった…」

そんな経験はありませんか?

私はセンスがあるので、そういった経験はありませんが、この記事を見れば…

 

OKな書き出し例

「ヤフオクで2時間もリサーチしたけど一つも仕入れられなかった…」

そんな経験はありませんか?

私も一日中リサーチしたのに成果ゼロの苦しい時期があったのでよくわかります。

 

いかがでしょうか。

前者は共感どころかイラッとするので読みたくないですよね。

 

後者の書き出しなら

  • 「あ、●●さんも昔は結果を出せていなかったんだ」
  • 「ということは、この記事を見れば大きなヒントを得られるかも」

という風に相手は思ってくれます。

 

4.あえてネタバレさせる

問いかけ・共感ときたら次は解決策の提示です。

この解決策の文章ではもったいぶらずにネタバレさせます。

 

ネタバレすることで「え?そうなの?」と興味が湧いてきます。

 

私が過去にやったNG例とOK例を使って説明しますね。

 

NG例

ヤフオク値引き交渉の希望額は相場の●割設定にするといいです。

 

数字を伏せて●割という表現をしていましたが、じらさないであえて先に答えを提示するといいです。

 

OK例

ヤフオク値引き交渉の希望額は相場の6割設定がベストです。

 

このようにネタバレさせると「なぜ6割がいいのか?」ともっと深く知りたくなります。

 

5.読み終えた後のベネフィットを提示する

読みやすい記事に仕上げたとしても、1記事2000文字ぐらいはザラです。

 

ブログを生業にしている人は上質な記事をつくるために5000文字になることすらあります。

 

でも、キーワード検索する人は悩みを解決したいだけであって、好き好んで長文を読みたいわけではありません。

 

少なからず2000文字ぐらいの記事を読むからには、それを読み終えた後に得られるベネフィットを最初に提示してあげることが大事です。

 

ここでいうベネフィットとは「ある悩みが解決した後の理想の未来・生活」といった意味になります。

 

ここも具体例を使って説明しますね。

 

NG例

ヤフオク仕入れの3つの法則を紹介します。

この法則通り実践すれば、もう仕入れに困らなくなります。

 

OK例

ヤフオク仕入れの3つの法則を紹介します。

この記事を読めば、もう仕入れに困らなくなりますし、今まで1日3時間リサーチする内容を1時間で終わらせる方法もわかります。

空いた2時間で家族と過ごすなど好きなことをしましょう。

 

いかがでしょうか。

NG例にも「もう仕入れに困らなくなります」というメリットがあるので、そこまで悪くないです。

でも、ベネフィット(理想の未来)がありませんね。

 

OK例には「家族との幸せな時間が増える」といったベネフィットも提示しています。

 

「ブログを見るのは大変だけど、これを読み終えれば悩みは解決するし理想の未来も手に入る!」と思うので完読してくれやすくなります。

 

まとめ:5つのポイントを押さえて魅力的な書き出しを書こう

最後に記事のポイントをまとめます。

 

  • 1.タイトルのキーワードを入れる
  • 2.相手に問いかけて心をつかむ
  • 3.悩みに共感・共有する
  • 4.あえてネタバレさせる
  • 5.読み終えた後のベネフィットを提示する

 

この5つのポイントを押さえれば魅力的な書き出しになりますので、読者もあなたの記事を最後まで読んでくれるようになります。

 

ぜひ、試してみてください。

 

カメラ転売で月10万円稼ぐ方法をプレゼント!

ブログは長期的に稼げるビジネスですが、すぐに結果を出すのは難しいです。

短期間で結果がでる物販も平行して実践するといいですね。

特に私が実践するカメラ転売は物販の中でも稼ぎやすいジャンルです。

 

私が配信するメルマガ2通目に1個売って1万円の利益をたたき出す仕入れ術を無料で公開していますので、ぜひ実践してみてください。

 

その証拠に私は中古カメラに特化した転売で、毎月100万円の売上・20万円の利益を副業でもコンスタントに稼いでいます。

 

直近3ヶ月のヤフオク売上金額

 

私が得た知識をメルマガ講座(現時点では無料)で配信しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

具体的には

  • 1通目:「中古カメラ」を仕入れないと失敗する4つの理由
  • 2通目:1つの商品を売って1万円の利益をたたき出す仕入れテクニック

をお伝えします。

 

無料教材(PDF)の一部

 

他のメルマガではなかなか出てこないノウハウだと思いますので、ぜひ活用してもらえたらと思います!

 

実際に7人のメルマガ読者さんからこの講座を学んだことがきっかけで「相場より安く仕入れて高く売れるようになりました!」という嬉しい報告を受けています。

 

彼らの収入が上がったことはもちろんですが「どんな人がトシと関わってどう変わったのか?」こちらから確認できます。

→ 成果報告を確認する!

 

メルマガ登録された方にはもれなく

  • 未経験からカメラ転売を始めるためのスタートアップ・マニュアル
  • 30個売って24万円の利益が出た儲かる商品リスト

も期間限定で無料プレゼントします。

 

儲かる商品リスト動画解説の一部

 

コンテンツの一部は有料教材にするので、無料のうちに手に入れてくださいね。

それでは、メルマガ講座でお会いできることを楽しみにしています^^

 

カメラ転売で月10万円稼ぐためのメルマガ講座(プレゼント付)!


登録は簡単です。

以下フォームに普段お使いのメールアドレスを入力し、確認ボタンを押せば、1秒後にメルマガ講座&無料プレゼントが届きます。


在宅・副業でも月10万円稼げるカメラ転売無料講座

 


※メールの登録・解除ともに無料です。
※メールが不要だと感じたら届いたメール本文の最下部よりいつでも解除ができます。
※メール配信スタンドは、マイスピーという迷惑メールが一切届かない会社のものを使用しています。

 マイスピー公式サイト https://myasp.jp/
 ご入力頂いたあなたの大切な個人情報は、SSL技術でデータを暗号化されるので、  
 第三者に情報を盗み取られる心配は一切ありません。

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ