【カメラ転売】初心者でもキレイな写真が撮れる設定方法とは?

 

商品の検品が終わった!よし撮影するぞ!って思ったけど一眼レフカメラ使ったことないよ・・・。

撮影設定がわからないし、何回撮ってもブレちゃうんだよな。

 

っていう感じになっていませんか?

 

安心してください。

今回は初心者でもプロのようなキレイな写真を短時間で撮るための設定方法を紹介します。

 

その前に私がどれだけ写真が下手くそで、どれだけ上手くなったのかお見せしますね。

 

こちらは私がカメラ転売を始めた時の撮影写真です。

50分もかけて何度も取り直した渾身の一枚ですが、微妙に暗いしブレていますよね~・・・。

 

 

それから6ヶ月後に5秒で一発撮りした写真です。

 

 

こうやって見ると自分の成長ぶりが歴然と分かりますね・・・。

 

この記事を読めば、今後は撮影設定に迷ったり、撮り直しばかりで他の作業ができないという悩みが無くなりますし、キレイな写真が撮れるので商品が高い価格で売れるようになります。

 

キレイな写真を撮るために必要なポイント

 

を紹介しますね。

 

「キレイな写真」の定義は人それぞれですが、ヤフオクで商品を高く売るためには「丁度良い明るさでピンボケしていない写真」であることが必須ですよね。

 

それじゃあ、どうやって「丁度良い明るさでピンボケしていない写真」を撮るか?

 

答えはシンプルで

明るさとシャープさこの2つのポイントだけ押さえればいいんです。

 

一眼レフカメラの設定にある「F値・シャッター速度・ISO感度の3つの要素」によって写真の明るさやシャープさが決まりますが、それぞれバランスよく設定しないと明る過ぎたり、ピンボケしたりします。

 

例えば、

 

F値なら

低いと明るくなるけどピンボケする。

高いとシャープになるけど暗くなる。

 

シャッター速度なら

遅いと明るくなるけどブレる。

早いとブレないけど暗くなる。

 

ISO感度なら

高いと明るくなるけどノイズがでる。

低いとノイズはでないけど暗くなる。

 

こんな感じでメリット・デメリットがあるんですね。

だからこそ、丁度良い設定を目指す必要があるんです。

 

初心者でもキレイな写真が撮れる設定方法

まず一眼レフカメラの設定はマニュアルを選びましょう。

これを選ぶことでこれから紹介する細かい設定ができるようになります。

 

どうしても初心者だとオート設定に逃げがちですが、オート設定だとプロ並みのキレイな写真を撮るのが逆に難しくなります。

 

そして、バランスの取れた設定がこちらになりますので、シンプルにこの設定通りに値を変えてみましょう。

 

キレイな写真が撮れるバランスの取れた設定

  • F値:11~18を選択(撮影環境によって調節する)
  • シャッター速度:50に固定
  • ISO感度:800に固定

 

ちなみに、私はニコンのD300という一眼レフカメラを使っていますが、他のカメラでも設定は同じです。

 

それと、この撮影設定はどんな環境でも上手くいくものではなくて、撮影環境(ブース・レフ板の有無など)により結果が変わってきます。

 

今回の撮影設定を反映させるためには、ブース・レフ板(天井)・外部ストロボの3つが揃っていることが最低条件ですね。

 

まとめ

いかがでしたか。今回は初心者でもプロのようなキレイな写真を短時間で撮れる設定方法を紹介しました。

 

F値・シャッター速度・ISO感度の3つの設定をお伝えした通りに設定すれば、あなたもキレイな写真を最短で撮れるようになるのでトライしてくださいね^^

 

■ 副業でもカメラ転売で月30万円稼ぐ方法を無料で学びませんか?

副業だから時間がない。でも、早くカメラ転売で結果を出したい。
という方のために、安定して月30万円稼ぐための無料講座があります。

今ならブログでは言えない具体的な仕入れ方法や
儲かる商品リストを
無料で差し上げます。
あなたにとって200%得する内容であることをお約束します。

詳細はこちらからチェックしてください。

カメラ転売で月30万円稼ぐ方法を見る!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ