【中古転売】古物商許可証を取るメリット4選!デメリットもある?

古物商許可証を取らなくてはいけないのは分かるんだけど、具体的なメリットってあるの?

 

って思ったことありませんか?

 

今回は中古転売ビジネスで抑えておきたい古物商許可証を取るメリット4選!デメリットもある?について紹介します。

 

これを読めば早く古物商許可証が欲しくてたまらなくなること間違いなしです^^

 

古物商許可証を取るメリット4選!

 

実はこんなにメリットがあります。

 

  1. 正々堂々とビジネスができる
  2. 出張買取ができる
  3. ライバルが少ないフィールドでビジネスできる
  4. 古物市場のオークションに参加できる

 

順番に説明しますね。

 

メリットその1.正々堂々とビジネスができる

古物商許可なしで中古品の売り買いをするなどのビジネスを行うと罰則を受けます。

 

バレなければ問題ないかもしれませんが、そういうリスクを背負ってコソコソとビジネスを続けるのは精神的に良くないです。

 

古物商許可証があれば、そういったリスクが無いので不要な心配を抱えずにビジネスに集中できますよね。

 

仕入れた商品も正々堂々と経費に当てられるメリットもあります。

 

メリットその2.出張買取ができる

いつもヤフオクやメルカリで商品を仕入れていると思いますが、そういったサイトはライバルが多いので安く仕入れるのは簡単じゃありませんよね。

 

でも、古物商許可証を持っていれば、お客さんの自宅に訪問して商品を買い取ることができます。

ライバルが横にいないのであなたの言い値で商品を仕入れることができるんです。

 

出張買取が面倒な場合は、買取サイトを立ち上げることでネット買取もできますね。

 

 

メリットその3.ライバルが少ないフィールドでビジネスができる

商品を売るときも普通はヤフオクやメルカリに出品することが多いと思いますが、古物商許可証を持っていればライバルが少ないフィールドでビジネスすることができます。

 

例えば、

 

  • ヤフーショッピング
  • ジモティ

 

です。

 

ヤフーショッピングのメリット

ヤフーショッピングは古物商許可証をもっている人しか出品ができないのでとても敷居が高いです。

 

中古カメラを探すとリアル店舗のコメ兵やマップカメラが出てきます。

 

リアル店舗は経費がかかるのでその分価格も高目な設定ですが、ネットビジネスをしているあなたならもっと安い価格で設定しても利益は出せますよね。

 

実質ライバルがほとんどいない状態で商品を出品するので、多くのお客さんがあなたの商品を見てくれます。

 

当然ですが、ライバルが少なければ価格競争に巻き込まれることもありませんし、商品が売れる確率も高くなるということです。

 

ジモティのメリット

ジモティのメリットは簡単にあなたのお店を出店できることです。

 

出張買取をやるぞ!って思ってもあなたのお店は集客力がないのでなかなか問い合わせがきませんよね。

 

でも、集客力の高い地元専門サイト「ジモティ」に出店すれば、すぐにお客さんから「いくらで買ってくれますか?」っていう査定依頼が届くようになります。

 

実際にこんな感じで問い合わせがきます。

 

 

誰にも邪魔されず一対一の交渉ができるというのはメリットですよね。

 

もちろん、ジモティにお店を出すには古物商許可証が必要になります。

 

 

メリットその4.古物市場のオークションに参加できる

オークションといえばヤフオクだと連想してしまいますが、もともとリアルオークションというものがあります。

 

このオークションは古物市場という全国各地にある会場で開催されますが、商品を激安で仕入れることができます。

 

それもそのはずで、リサイクルショップの店長などリアルビジネスをしている人が会場に来て商品を仕入れているんです。

 

あなたがリサイクルショップで安く仕入れた商品はもっと安い価格で古物市場で出品されているということですね。

 

これも古物商許可証を持っていないと会場に入れないというシークレットな場所になります。

 

古物商許可証を取るデメリットは?

デメリットとしては

 

  • 書類作成が面倒
  • 手数料19000円が必要
  • 帳簿をキッチリと付けなくてはいけない
  • 警察の取り調べを受ける可能性がある

 

こちらが挙げられます。

 

古物商許可証を取るのは手間に感じますが、申請手順を把握すれば意外と簡単です。

→ 意外と簡単!古物商許可申請の必要書類と申請手順を見る!

 

ただ、古物商許可証を取った後でも、商品を売り買いした時には帳簿をキッチリとつける必要があります。

 

これには明確な理由があります。

 

警察署が古物商許可証を発行している目的は盗難品が市場に紛れてしまっても追跡できる仕組みを作ることです。

 

つまり、あなたが生活する地域で誰かが盗難した場合にその商品があなたの所に行っていないかチェックできるようにしたいのです。

 

帳簿を付けていれば、警察官に対して身の潔白を証明できますし、今後もあなたのことを信用してくれます。

 

ここら辺がデメリットと言えますが、商売をする以上は帳簿をつけることは当然ですし、メリットを考えれば大したデメリットではないですよね。

 

古物商許可証を取らない方がデメリットになる!

ちょっと想像してください。

 

自動車を運転して事故に遭った時に免許証を持っていなかったら・・・

(今日は持ち忘れたではなく、そもそも免許証を取っていないという意味です)

 

何となくどんなリスクがあるのか想像できますよね。

 

警察署が発行する古物商許可証は自動車の運転免許のようなものです。

 

メリット1選目で軽く触れましたが、古物商許可証を取得しないでビジネスを継続すると罰則・罰金・逮捕リスクがあります。

 

ここについてはこちらの記事にまとめました。

→ ヤフオク・メルカリ仕入れで古物商許可証は必要か?逮捕リスクも!

 

つまり、古物商許可証を取らないという選択こそが最大のデメリットと言えます。

 

まとめ

いかがでしたか?

古物商許可証を取るメリット4選!デメリットもある?について紹介しました。

古物商許可証を取ってビジネスチャンスを大きく広げていきましょう。

 

ただ、今回の記事は古物商を取るメリットの紹介でしたので、中古品(古物)をいかに安く仕入れて高く売るか?については分からなかったですよね。

 

古物ビジネスで稼ぐための具体的な方法は私の無料メルマガでお届けしています。

 

実際に7人のメルマガ読者さんやコンサル生からこのメルマガ講座を学んだことがきっかけで「相場より安く仕入れて高く売れるようになりました!」という嬉しい報告を受けています。

 

彼らの収入が上がったことはもちろんですが、具体的にどんな人がトシと関わってどう変わったのか?

 

という所も含めてこちらの実績者の声を見れば分かります!

→ 成果報告を確認する!

 

今なら無料プレゼントもお渡ししていますので、以下から手に入れてください。

私のメールであなたの収入が少しでもアップしてくれたら嬉しいです。

それでは、メルマガ講座でお会いできることを楽しみにしています^^

 

メルマガ読者さんがカメラ転売で月10万円稼いでいる方法をプレゼント!


副業でカメラ転売を実践している7人のメルマガ読者さん・コンサル生(サラリーマン・主婦)から成果報告のあった初心者でも稼げる方法をメールで段階的に学べる無料講座でお届けしています。

この記事を見ていただいたあなたには、このメルマガ講座に加えて【カメラ転売スタートアップ・マニュアル】や【儲かる商品リスト】などの無料プレゼントもこっそりお渡しします。

登録は簡単です。以下フォームに普段お使いのメールアドレスを入力し、確認ボタンを押せば、1秒後に無料プレゼントが届きます。


在宅・副業でも月10万円稼げるカメラ転売無料講座

 


※メールの登録・解除ともに無料です。
※メールが不要だと感じたら届いたメール本文の最下部よりいつでも解除ができます。
※メール配信スタンドは、マイスピーという迷惑メールが一切届かない会社のものを使用しています。  
 ご入力頂いたあなたの大切な個人情報は、SSL技術でデータを暗号化されるので、  
 第三者に情報を盗み取られる心配は一切ありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ