最初に肩書きを得て自分を変える方法!

俺は物事を考えるセンスや体力もないから副業なんかできっこないや。

 

なんてネガティブに思ったことはありませんか?

 

今回は最初に肩書きを得て自分を変える方法を紹介します。

 

最近、WEB系会社のメルマガでライター募集の案内がありました。

 

知名度がとても高い会社のライター(記事代行)の仕事なので、記事のクオリティは高いものを求められるのは考えるまでもないです。

 

でも、私は速攻でその会社にライターの応募をしました。

 

応募した理由は

 

  • 自分の力を試してみたかった
  • 仕事を任せられることで成長できると思った
  • 1記事の報酬がとても高かった

 

からです。

 

何か普段からライターの仕事をしている人に見えると思いますが全くそんなことはありません。

 

私はカメラ転売で稼ぐスキルは高いと思っていますが、ブログについては自信もってスキルがあるとは言えないレベルです。

 

もちろん、ライターの仕事はしたことがありません。

 

それでも、ライターの仕事をしてみたい!私ならやってみせる!

という意気込みだけで応募したような感じです。

 

まあ、こう見てみると私もポジティブな人間だなぁって思いますね。

 

普通であれば、

 

  • 趣味でブログは書くけどお金をもらう記事は書けないよ
  • 高単価であればなおさらハードル高いから無理でしょ
  • 記事を出してもコイツ下手くそだなってバカにされるのが怖い

 

っていう感じで考えるのではないでしょうか。

 

でも、そこで私にはできっこない。

と思ったらいつになってもできないです。

 

自分のことを信じていなかったり、自分を追い込んでいないからですね。

 

今はできないけど、その環境に飛び込めば、ある肩書きを得たら、あとはやるしかない。

 

その環境や肩書きにふさわしい自分になるしかない。

 

という風に自分を追い込むことが大事なんです。

 

これは何にでも言えることです。

会社で例えると、いつもなら40代の人が課長になる部署で28才の人が課長になったらどうなると思いますか?

 

彼は若くして課長になったことについて

 

  • 周りからどう見られるか気になる
  • かっこ悪いところは見せられない
  • できない課長だなんて思われたくない
  • 営業担当の手本にならなくては
  • 年上の部下と上手く付き合うにはどうするか
  • 部長と飲んで課長のイロハを教えてもらうか
  • ビジネススクールにでも通って成長しなくては

 

ということを、

考えて、考えて、考えて

とにかくガムシャラに行動することでしょう。

 

強制的にでも課長という肩書きを得てしまった以上、課長としてふさわしい自分になるしかないんです。

 

私はライターの仕事でこのマインドを利用したんです。

 

  • あの有名な会社のライターになる
  • 1記事の報酬がとんでもなく高い

 

私は高収入を得るプロのライターという肩書きを得たわけです。

(今の段階では素人レベルの実力しかありませんし実績もないです)

 

はったりでも良いからこうやって自分を追い込めば、プロのライターになるしかないんです。

 

あとはもうやるだけです。

どうやったらクオリティの高い記事を作れるのか?

ということを家にいる時も電車に乗っている時も、常に考えるようになります。

 

頭の中がそんな感じで集中しているので、飲み会とか甘い誘惑にも乗らず、とにかく考えて行動するようになるんですよね。

 

そうやっているうちに、めちゃめちゃ良い記事書けるようになったじゃん!

 

っていう風になるんです。

 

どれだけ頑張っても、もしかしたら

え?こんな下手くそな記事しか書けないのにうちのライター応募してきたの?

て言われるかもしれません。

 

もうそれは仕方ないです。

なぜなら、もともとレベルは低かったんですから。

自分には向いていなかったと割り切りましょう。

 

そう考えれば、気が楽になると思います。

 

ということで、あなたも強制的に肩書きを得て自分を変えてみましょう。

 

さてと、プロのライターとして期限までに仕事をしなくては!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ