【副業】ヤフオク・メルカリの中古せどりで古物商許可証は必要か?

リサイクルショップで手に入れた中古の服をメルカリに出品してお小遣いを稼ごう!

 

こういうの中古せどりって言うみたいだけど、別に大きなビジネスをしているわけじゃないから古物商許可証なんていらないっしょ!

 

なんて思っていませんか?

 

でもそれって結構なリスクを背負った状態で商売することになりますよ。

 

今回はヤフオク・メルカリの中古せどりで古物商許可証は必要か?について紹介します。

 

古物営業法における古物とは?

そもそも古物ってあまり聞きなれないですよね。

古物営業法における古物とは

 

  • 一回でも使用された物品
  • 未使用だとしても、もともと使用するために取引された物品
  • 上記に該当する物品に手入れしたもの

 

この3つになります。

 

つまり、キレイな中古品はもちろん、未使用でも誰かの手に渡ったものや、それらに手入れしたものを古物と呼んでいます。

 

未使用品でも古物になるというのは驚きですね。注意しましょう。

 

本当に古物商許可証は必要なのか?

古物の売り買いをする中でも、古物商許可が不要なケースもあれば、必要なケースもあります。

 

古物商許可の要否はその人の意識と行動がポイントになってきます。

事例を用いながら説明しますね。

 

古物商が不要なケース

フリーマーケットで自分で使うために釣竿を買ったけど、もう釣りしないからヤフオクで売ってしまおう。

という場合であれば、古物商許可はいらないです。

 

ポイントは儲けることを目的とせず「自分で使うために買った」というところですね。

 

古物商が必要なケース

リサイクルショップで相場より安くカメラを仕入れることができたから、メルカリで高い金額で売ろう。

 

こういう利益を生み出そうとする行為は古物商許可が必要です。

 

ようは、副業でも本業でも「古物を安く仕入れて高く売る」というビジネスをする場合は必須ということですね。

 

ちなみに、実際に稼ぐことができなくても、利益を出そうとする意思を持って仕入れと販売を繰り返している場合にも古物商許可が必要になると判断されることがあります。

 

古物商許可が必要かどうかについての判断が難しい場合は、行政書士などの専門家に相談することをオススメします。

 

古物商許可を取らずに仕入れと販売を続けるリスクとは?

無許可のまま古物の売り買いをしていることがバレたら警察から罰則を受けてしまいます。

 

その罰則は決して軽いものではなく、最大で3年以下の懲役または100万円以下の罰金となることがあります。

 

かなり怖い表現ですが、逮捕されるということですね。

 

例え副業であったとしても、ビジネスの規模は小さいとしても、きちんと古物商許可証を取って営業をしましょう。

 

古物商許可証はどうやって取るの?

最寄の警察署に必要書類をもって申請する必要があります。

こちらの記事で詳しくお伝えしていますので確認してみてください。

 

⇒ 古物商許可申請【個人】の必要書類と申請手順とは?

 

まとめ

いかがでしたか?今回は

 

  • 古物営業法における古物とは?
  • 本当に古物商許可証は必要なのか?
  • 古物商許可を取らずに仕入れと販売を続けるリスクとは?
  • 古物商許可証はどうやって取るの?

 

について紹介しました。

副業でも中古せどりに本腰を入れて取り組むなら古物商許可証をきちんと取得しましょう。

 

この部分が分からなかった。。こんな記事を書いて欲しい!

などなど、質問や要望があればお気軽にコメントくださいね^^

 

副業で少しでも収入を上げて理想の生活に近づけたい!

と考えていたら無料講座で一緒に学びましょう^^




登録は簡単です。名字といつも使っているメールアドレスを入力し、

上のボタンを押せば、1秒後に無料プレゼントが届きます。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ