不完全な記事でOK!まずは「カタチ」にすることが大事!

よーし、めちゃめちゃ良いブログを書くぞ!

えーっと、構成は3つに分けて2000文字以上にして写真はお洒落な素材を選んで・・・。

はぁ。何か疲れたから今日はここまでにしようかな。

 

なんてことはありませんか?

 

ブログ初心者なのについつい完璧を求めてしまうことがあると思いますが、これはやっているつもりになっているだけで、何も結果を得ていないです。

 

今回は不完全な記事でいいからまずはカタチにすることが大事!について紹介します。

 

最初から完璧は求めない

ことが大事です。

 

私も最初は

 

  • お洒落なテーマ探し
  • 個性的な画像探し
  • ライバルの記事をひたすらリサーチ
  • ブログの書き方の書籍を完読

 

こんな感じで素晴らしい記事を作るために必要な情報をインプットすることに重点を置いていました。

 

どこかで長尾さんは凄い記事を書く人だ!とか効率的に稼ぐ考えを持っている人だ!

 

とか思われたいがために、知識ばかりをつけていたんだと思います。

 

でも、そのインプットした情報を上手く使えず、パソコン画面を見ては睨めっこ状態の時間が続いていましたね。

 

完璧を目指す。

 

というのは良いことだと思いますが、初心者というステージなのにあまりにレベルの高いコンテンツを目指しても、結果的に良い記事になりにくいですし、モチベーションも下がる傾向にあるんじゃないかなって思います。

 

テニスを始める小学生で例えるなら、プロテニスプレーヤーの錦織選手と同じサーブを打つための方法を書籍やネットであれこれ調べている感じです。

 

気持ちはわかりますが、そんなことに時間を使うよりも、とにかくサーブを1本でも10本でも100本でも多く打つ。

 

打つ。打つ。打つ。とにかく打つ。

 

そうやっている内にサーブを上手く打つ感覚を体で覚えていきますよね。

 

他の人からしたらぎこちないサーブだとか、遅いサーブだとか思われるかもしれませんが、ボールを打って相手のコートに入れるという「カタチ」はできています。

 

反対に書籍やネットで有益だと言われる知識を吸収することに時間を使っている人の発言は凄そうだけど、ボールが相手のコートにすら入らないことが多いので「カタチ」にはなっていませんよね。

 

ブログも同じです。

 

とにかくキーボードを打つ。打つ。打つ。

 

カチャカチャカチャカチャカチカチカチ!

 

素人臭い下手な記事かもしれませんが、確実に1記事という「カタチ」にはなっています。

 

記事を投稿した後に追記すればいい

どうしても完璧主義を直せないという人もいると思いますが、完璧な記事を作りたいなら尚更「早くカタチ」にすることにこだわるべきです。

 

一度カタチにしてしまえば、あとはいくらでも付け足しができます。

 

そうです。

 

つまり、最初から完璧な記事を目指すのではなく、一回記事を作ってから足りないところを好きなだけ追記したり修正したりすればいいんです。

 

そう考えると気が楽になって文章もカタカタ打てるようになりますよね?

誤字脱字があってもいいんです。後で直せばいいんですから。

 

階段を一段ずつ登るのと同じように記事のレベルも少しずつ高めていきましょう。

 

階段で一気に三段飛ばしをしようと考えると怖くていつまでも行動できないし、行動しても怪我してモチベーション下がりますからね。

 

ということで今回は以上になります。

イイネタを思いついたら完璧を目指すために頭であれこれ考えないでまずは手を動かしてみましょう。

 

この部分が分からなかった。。こんな記事を書いて欲しい!

などなど、質問や要望があればお気軽にコメントくださいね^^

 

副業で少しでも収入を上げて理想の生活に近づけたい!

と考えていたら無料講座で一緒に学びましょう^^




登録は簡単です。名字といつも使っているメールアドレスを入力し、

上のボタンを押せば、1秒後に無料プレゼントが届きます。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ