ブログを気軽に早く作るための3ステップとは?

セミナーで学んだことをブログに書くぞ!って決めたのにパソコンの前に座ると石化してしまう。

 

なんてことありませんか?

 

頭が良い人ほどあれこれ効率の良い書き方を考えてしまって記事の作成がなかなか進まないことがあります。

でも安心してください。今回の記事ではブログを気軽に早く作るための3ステップを紹介します。

 

ブログを気軽に早く作るための3ステップ

はこちらになります。

 

  • ネタをGETしたらすぐにメモする
  • メモレベルのブログを書く
  • 反応を見て記事修正する

 

順番に説明しますね。

 

ネタをGETしたらすぐにメモする

テレビ番組や街の広告を見てイイネタ見つけた!!っていう時にはすぐに手帳やスマホにメモしてください。

 

人間はすぐに忘れる生き物です。

 

だからこそ、忘れない内にメモすることがとてつもなく重要になります。

 

おもちゃメーカーの企画部で働く凄腕の人はお風呂にホワイトボードを置いてアイデアが思いついたらすぐに記録するようにしているぐらい「忘れない内にメモすること」は大事なことなんです。

 

私のオススメはエバーノートを使うことです。

 

エバーノートならスマホでもPCでもクラウド上にメモすることができますし、検索機能があるのでいつでもメモを呼び戻せます。

 

つまり、忘れることのない脳みそをクラウド上にセットする感じですね。

 

 

メモレベルのブログを書く

エバーノートや手帳などにメモをしたら、その内容をブログに書きましょう。

 

「鉄は熱いうちに打て」ということわざもあるように、記憶が鮮明で気持ちが乗っている時に取り組むことでスラスラ文章を書くことができます。

 

いやいや、しっかりと構成を考えてメモは清書してからキレイな文章にしないと・・・。

 

ていう風にあれこれ考え出すと手が止まってしまい後でやろう。

ちょっと忘れちゃったな。完璧に書けないから違うネタにしよう。

 

なんて感じで結局1記事もアップできないという末路になります。

 

だからこそ、メモレベルの中途半端な内容でもいいからブログにコピペしてちょこっと整えてアップするぐらいの感覚で素早く取り組んでください。

 

 

反応を見て記事修正する

記事をアップしたら定期的にアクセスがあるか確認しましょう。

反応が多い記事はそれだけ需要があるということなので、タメになる情報を追記して完璧な記事を目指していけばいいんです。

 

まとめ

いかがでしたか。

今回はブログを気軽に早く作るための3ステップを紹介しました。

もうパソコンの前で石化せずにガンガン記事をアップしていきましょう。

 

 

 

 

 

実際に7人のメルマガ読者さんやコンサル生からこのメルマガ講座を学んだことがきっかけで「相場より安く仕入れて高く売れるようになりました!」という嬉しい報告を受けています。

 

彼らの収入が上がったことはもちろんですが、具体的にどんな人が長尾と関わってどう変わったのか?

 

という所も含めてこちらの実績者の声を見れば分かります!

→ 成果報告を確認する!

 

今なら無料プレゼントもお渡ししていますので、以下から手に入れてください。

私のメールであなたの収入が少しでもアップしてくれたら嬉しいです。

それでは、メルマガ講座でお会いできることを楽しみにしています^^

 

メルマガ読者さんがカメラ転売で月10万円稼いでいる方法をプレゼント!


副業でカメラ転売を実践している7人のメルマガ読者さん・コンサル生(サラリーマン・主婦)から成果報告のあった初心者でも稼げる方法をメールで段階的に学べる無料講座でお届けしています。

この記事を見ていただいたあなたには、このメルマガ講座に加えて【カメラ転売スタートアップ・マニュアル】や【儲かる商品リスト】などの無料プレゼントもこっそりお渡しします。

登録は簡単です。以下フォームに普段お使いのメールアドレスを入力し、確認ボタンを押せば、1秒後に無料プレゼントが届きます。


在宅・副業でも月10万円稼げるカメラ転売無料講座

 


もっと詳しい情報を知りたい場合はこちらからご確認のうえ
メルマガ講座とプレゼントを無料で手に入れてください。

→ まずは詳細を確認する!


※メールの登録・解除ともに無料です。

※メールが不要だと感じたら届いたメール本文の最下部よりいつでも解除ができます。
※メール配信スタンドは、マイスピーという迷惑メールが一切届かない会社のものを使用しています。  
 ご入力頂いたあなたの大切な個人情報は、SSL技術でデータを暗号化されるので、  
 第三者に情報を盗み取られる心配は一切ありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ